ワンダンス(7)

ワンダンス(7)
著者
  • 珈琲
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

「…もう1ラウンドやらせてほしい」
伊折 vs. 壁谷の高校対抗ダンスバトル個人部門決勝は、
壁谷のひとことで延長戦にもつれこむ。

熱戦を飾る選曲は、
二人が”一番好きな曲”――Jazztronik「SAMURAI」。

その日最高のムーヴをくりだしながら、
疎遠になる前の時代を思い出し、
まるで遊んでるかのように踊り合う二人。

そして、決着の時――。

一方カボは、ダンスを仕事にしたいと告げる湾田の想いの強さから
彼女のこれまでに思いをはせる。

季節は春。一凛高校入学前。
語られなかった湾田の過去がついに明らかに。

著者紹介

  • 珈琲2014年に「good!アフタヌーン」にてデビュー。 『のぼる小寺さん』(全4巻)、『しったかブリリア』(全2巻)。『のぼる小寺さん』は2020年に工藤遥主演で実写映画化され反響を呼んだ。

登場人物紹介

  • 小谷 花木

    吃音症の高校1年生。通称・カボ。ダンスに没頭する光莉に惹かれ未経験のダンス部に入部。光莉と特訓を重ね、選抜メンバーに選ばれる

  • 湾田 光莉

    花木と同じクラスのダンスが夢中な美少女。ダンスのレベルは高く、部内でも一目置かれている

  • 宮尾 恩

    ダンス部の部長。振付から新入生のレッスンまでこなす、部内一の実力者。ダンスに必要なフィーリングが花木にはあると認めている

  • 厳島 伊祈

    ダンス部2年。ダンススキルは高いがなかなか部活に顔を出さない幽霊部員。甘党

  • 巧 宇千

    昌谷高校ダンス部部長。伊祈も認める実力の持ち主

  • 壁谷 楽

    伊祈が実力を認めるB-BOY。バイト中は白いマスクを着用している

  • アッセイ

    ダンスチーム「PTSG」所属のプロダンサー。ダンスバトルの審査員

  • 仁上 ゆら

    花木たちと同じダンス部の新入生。振り覚えが早く誰よりも踊れていると思っていたが選抜メンバーからは落選してしまう

作品情報

製品名ワンダンス(7)
著者名
  • 珈琲
発売日2022年02月22日
初出『アフタヌーン』2021年10月号~2022年2月号