GIANT KILLING(60)

GIANT KILLING(60)
著者
  • ツジトモ
  • その他綱本 将也
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

4位磐田のフルコートマンツーマンにも慣れてきたETUは反撃開始! 椿が相手GKストッフの壁を破り、ついにゴールを決める…対する磐田はベテラン指揮官・倉茂がチームの手綱を引き締めるが…ともに逆転Vを勝ち取るため、絶対に負けられない一戦、決着!!

著者紹介

  • ツジトモ
  • その他綱本 将也

登場人物紹介

  • 達海 猛

    ETUの新監督を務める、元日本代表選手。格下のチームが格上のチームを打ち負かす、番狂わせが大好物

  • 椿 大介

    トップチームに定着した若手MF。ETUに入るまではまったくの無名選手だったが、達海に見いだされ日本代表にも選ばれるまでに

  • 村越 茂幸

    「Mr.ETU」と呼ばれる男。チームのかじ取り役で、精神的にも支柱となる

  • ルイジ 吉田

    天才肌のプレイヤーで気ままで自分のプレイスタイルにこだわる。ルックスとも相まって愛称は「王子」

  • 杉江 勇作

    冷静でリーダーシップもあり、村越の後を継いでETUのキャプテンに就任した。長身を活かしたセットプレーが得意な守備の要

  • 黒田 一樹

    守備の中心を司るCBの一枚。CBの相棒、杉江にはサイズで劣るが、ひるまず気持ちでカバーしている

  • 夏木 陽太郎

    FW。怪我の完治後チームに合流。テンションの高い性格と大一番での得点力を持つ

  • 赤崎 遼

    ETUユース出身の若手の中心的存在。U-22日本代表にも選出され、注目株の選手。黒田とは衝突しがち

  • 世良 恭平

    運動量とスピードが強みのETUの若手フォワード。常に明るいムードメーカーで、椿たち代表組がいない間もチームの勢いを支えていた

  • ガブリエル・ペレイラ

    笠野のスカウトによりシーズン後半からETUに加入したブラジル人。スピードを活かしたドリブルが得意で、南米人特有の陽気な性格の持ち主。愛称は「ガブ」

  • 後藤 恒生

    ETUのGM。達海とは選手時代のチームメイト。ETU再建のためにイギリスまで渡り達海を説得した。常にチームを思い、フロントとして支える

  • 永田 有里

    子供の頃から達海の大ファンだった。ETUの広報として仕事に情熱を注いでいる

  • 松原

    達海の選手時代からのETUのコーチで、お調子者のおじさん。チーム内の皆から親しまれている

  • 笠野

    ETUのスカウトマンで元々はGMを務めていた。過去のクラブ内の問題で裏方に徹していたが、達海に請われてフロントに復帰

  • パッカ

    男には冷たく、子供には優しいETU公式マスコット。オールスターゲームのマスコットたちによるミニゲームでイエローカード2枚をもらい退場したことがある

  • 羽田 政志

    ETUサポーター「スカルズ」のコールリーダー。チームを愛するがゆえに、達海の監督就任時は不満を募らせたが、現在は誰よりも頼もしいファン代表

  • 藤澤 桂

    デビュー間もない頃から椿に注目し、追い続けているフリーのサッカージャーナリスト

  • 香田

    選手の代理人業を営む。かつてETUの経営に関わり、2部に降格した原因をつくった。ETUへの罪滅ぼしと、椿の才能を生かすために彼の代理人になろうと交渉する

トピックス

第34回講談社漫画賞 一般部門 受賞

作品情報

製品名GIANT KILLING(60)
著者名
  • ツジトモ
  • その他綱本 将也
発売日2022年02月22日
初出『モーニング』2021年38号、42号、43号、45号、47号、48号、50号、52号、2022年1号、2・3合併号