ブラックガルド(5)

ブラックガルド(5)
著者
  • 花田 陵
掲載誌
  • モーニング・ツー

内容紹介

『デビルズライン』の花田陵が描く、
自由と愛のダークファンタジー、ついに完結!


突如現れた化け物「ショウジョウ」に、世界は蹂躙されていた。
凶暴な力で人に牙をむき、少しでもショウジョウに傷つけられた者は
あるウイルスに感染し同じショウジョウとして蘇ってしまう。
人々は「空中都市」を作り、「ガルド」と呼ばれる討伐部隊を組織して
ショウジョウに対抗していた。

自分のために生きるのか、愛する人のために生きるのか。
あるいは、死を選ぶのか──。

誰もが自分と向き合いもがく中、
“飛行型”を一掃するための「アリアケ作戦」が始まった。

川上の「声」でショウジョウたちを焚きつけ、
翼が生えたクリスが空を飛び飛行型を誘導する役を担う。
そして、クリスを地上から援護するのは南。

危険だが成功すれば成果の大きい作戦の行く末は──。
そして、週末へと向かう物語が辿り着く先は──。

「自分のために生きろ。私たちは自由だ」


著者紹介

  • 花田 陵

作品情報

製品名ブラックガルド(5)
著者名
  • 花田 陵
発売日2021年12月23日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2021年8月号~12月号