死相学探偵(2)

死相学探偵(2)
著者
  • 西塚 em
  • 原作三津田 信三
掲載誌
  • 増ヤングマガジン

ジャンル

内容紹介

「十三の呪」編完結。
そして新章、
呪い×アゾート殺人「六蠱の躯」編開幕。

人間に憑いた死の影を見抜く「死視」を武器に、
弦矢俊一郎が世にも恐ろしい複雑怪奇な難事件に挑む!

内藤さやかの依頼をうけ、
入谷家の人々に現れた死相の謎を調査する俊一郎。
長男・夏樹に続き、長女の春美、
次女の冬子と立て続けに怪死してしまう。
刑事・曲矢や入谷家主治医・羽田森は
原因不明の連続死に頭を捻るばかりだったが、
日々起こる「怪異」を観察していた俊一郎は、
そこに隠されたある法則に気づく――。

死相学探偵、本領発揮の第2巻!

著者紹介

  • 西塚 em
  • 原作三津田 信三

登場人物紹介

  • 弦矢 俊一郎

    探偵。幼い頃から人間についた死の影を見抜く「死視」の能力を持っており、その力を生かそうと探偵事務所を開いた

  • 弦矢 愛

    弦矢の祖母。高名な拝み屋で通称・愛染様。弦矢の調査のサポートなどを有料で受けている

  • 曲矢

    家族の急死が続く入谷家に調査に来た刑事。この事件以来、弦矢に協力したり仕事を依頼するようになる

  • 僕にゃん

    弦矢の飼い猫。関西から東京にいる彼のところまで追ってきた

作品情報

製品名死相学探偵(2)
著者名
  • 西塚 em
  • 原作三津田 信三
発売日2021年12月20日
初出『月刊ヤングマガジン』2021年第6号、第7号、第9号~第11号