創世のタイガ(9)

創世のタイガ(9)
著者
  • 森 恒二
掲載誌
  • イブニング

ジャンル

内容紹介

『ホーリーランド』『自殺島』『無法島』の森恒二最新作!
投石器に集団戦術。そしてコンバットナイフ。
太古の時代に存在しないはずのものを
次々用いるネアンデルタール人に
自分たち以外の”現代人”の存在を確信したタイガ。

タイガたち以外のタイムスリッパー……
ネアンデルタール人の王を名乗るその男は、
危険な思想に影響を色濃く受けた、
第二次世界大戦下のドイツ軍人だった。

近い将来始まる、かつてない規模の戦い。
悩むタイガに出来ることは――。

著者紹介

  • 森 恒二東京都出身。代表作に『ホーリーランド』『自殺島』『デストロイ アンド レボリューション』など。

登場人物紹介

  • タイガ

    大学の人類学ゼミの仲間と卒業旅行をしていたオーストラリアで太古の世界にタイムスリップしてしまう

  • ティアリ

    ネアンデルタール人に襲われていたところをタイガに助けられた、ホモサピエンスの女性。優秀な狩人で、タイガと行動を共にする

  • アラタ

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。現代とのギャップを感じつつも、適応することに前向き

  • レン

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。現代への思い入れが強く、その気持ちからタイガと衝突することも

  • リク

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。人類学より古生物学が好きで、生物の知識が豊富。アウトドアのスキルがあり生物の解体も得意

  • ナクム

    ティアリの兄。タイガ達のことをよく思っていなかったが、一緒にネアンデルタール人と戦い勝利したことを機に、彼らを仲間と認める

  • リカコ

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。人類学で更新世を専攻していたため、太古の人類に詳しい

  • ユカ

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。原始時代のサバイバル生活に不安を感じ、タイガに自分を守ってほしいと頼む

  • チヒロ

    タイガの友人で一緒にタイムスリップした。真面目で地味だが、マンモスを撮影しようとするなど豪胆な面も。太古の世界で牧畜をスタートさせる

  • クラウス・シュルツ

    第二次世界大戦下のドイツ人将校で少尉。原始時代にスリップし、ネアンデルタール人を率いてホモ・サピエンスに戦いを仕掛ける

  • ヴォルフ

    第二次世界大戦下のドイツ軍曹長。クラウスらと原始時代にタイムスリップし、ヒトラーが提唱した“一つの民族による世界の統治”を実現しようとする

作品情報

製品名創世のタイガ(9)
著者名
  • 森 恒二
発売日2021年12月23日
初出『イブニング』2021年8号~10号、12号、14号、16号、18号、20号、22号