水溜まりに浮かぶ島(5)

水溜まりに浮かぶ島(5)
著者
  • 三部 けい
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

雨の日の遊園地で偶然乗り合わせた観覧車に落ちた落雷。育児放棄気味の母に育てられていた少年、明神湊(みょうんみなと)・小5と犯罪者・黒松(偽名)は心と身体が入れ替わる。黒松の裏社会の通称「首折リ」として警察、ヤクザに追われ続けた湊(ニセ黒松)は逆襲に転じ妹・渚を取り戻す。一方、自分をはめた悪徳刑事の弱みを掴んだ黒松(ニセ湊)は少年の体のまま彼との対決を目論む。
その悪徳刑事は汚名を背負って銃で殺された湊の父親の相棒だった。無関係に見えた2人の人生が過去を起点に交錯する。「僕だけがいない街」の三部けいが描く究極の入れ替わりサスペンスついに完結。

著者紹介

  • 三部 けい

作品情報

製品名水溜まりに浮かぶ島(5)
著者名
  • 三部 けい
発売日2021年11月22日
初出『イブニング』2021年12号~20号