異修羅 新魔王戦争(2)

異修羅 新魔王戦争(2)
著者
  • メグリ
  • 原作珪素
  • その他クレタ
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

ジャンル

内容紹介

【〈全員チート級〉異能バトルトーナメント、開幕。】「このライトノベルがすごい! 2021」1位獲得の超話題作、待望のコミカライズ! 世界を震撼させた魔王が、何者かによって殺された。しかし、魔王を倒した勇者は現れ出なかった…。そこで、誰もがその力を認める"本物の勇者"を決めるため、異能を極めし〈修羅〉16人が大国・黄都と魔王自称者である警めのタレンが治めるリチア新公国に結集――!! 〈全てを奪う盗賊〉〈最凶の生体兵器〉〈絶対致死の暗殺者〉……そして、異世界最強の座を巡る戦いはやがて、世界を揺るがす戦争へ――!?

著者紹介

  • メグリ第1回月刊少年マガジンコミック大賞「デビュー!」にて、作画部門入選。本作が初の連載作品。
  • 原作珪素1863年、シャルル・フリーデルらによってテトラエチルシランが初めて化学的に合成される。このテトロエチルシランを始めとした、珪素-炭素結合を持つ有機化合物は有機珪素化合物と呼ばれ、工業的にも様々な形で利用されている。
  • その他クレタ

登場人物紹介

  • ソウジロウ

    “彼方”という異世界からやってきた客人(まろうど)。異質なまでの強さを誇る柳生新陰流を操る「柳の剣のソウジロウ」と呼ばれる剣豪。闘争を求める修羅の一人

  • ユノ

    迷宮都市ナガンで暴走したゴーレムたちからソウジロウに救われた学士。異常なまでの強者へ感謝の念を持つよりも憎しみが増し、彼を黄都へといざなう

  • アルス

    「星馳せアルス」と呼ばれる鳥竜(ワイバーン)種の英雄。地上最強種のドラゴンをすら圧倒するほど。伝説級の魔具を自在に操る冒険者

  • ハルゲント

    黄都第六将、別名「静寂なるハルゲント」。ドラゴン討伐の作戦中にアルスに救われ、彼を黄都での勇者を決める試合へと誘う

  • セフィト

    魔王が誰により討たれたかも分からぬ世界で、地上に残った最後の国「黄都」を治める女王。民を統制するために本物の勇者が必要と考え、十六名の勇者候補から本物を決める御前試合を開催する

  • タレン

    元黄都第二十三将、別名「警めのタレン」。黄都最高官僚の一人として“本物の魔王”の時代を戦い抜いていた武官だが、離反し自領であった「リチア」の独立を宣言

  • ラナ

    リチア新公国の諜報兵「月嵐のラナ」。黄都に対して戦争をしかけるために強力な傭兵を探し求め、シャルクとヒグアレを連れてくる

  • シャルク

    ラナによってリチアの傭兵として連れてこられた骸魔(スケルトン)。本物の魔王を知る存在でもある。「音斬りシャルク」と呼ばれる槍の使い手

  • ヒグアレ

    ラナが連れてきたリチアの傭兵。体内に無数の武器を持ち剣を振るう辺境出身の根獣(マンドレイク)。音であらゆる

  • ヒドウ

    黄都二十九官第二十卿。六合上覧の開催のため、タレンの暗殺を企て、ソウジロウ、ニヒロ、クゼを暗殺要員として送り込む。「鎹のヒドウ」と呼ばれる

  • ニヒロ

    死体から作り出された屍魔で、「濫回凌轢ニヒロ」と呼ばれる。史上最悪の生体兵器で、黄都に幽閉されていたが、ヒドウの監視のもと釈放された

  • レグネジィ

    リチア新公国の兵力である鳥竜軍を指揮する統率個体で「夕暉の翼レグネジィ」と呼ばれる。人間を食す鳥竜の本能を抑え込む術を持つ

  • ダカイ

    タレンのもとで働く盗賊で、「鵲のダカイ」と呼ばれる。あらゆる攻撃以上の速度を発動する絶対最速の魔剣『ラズコートの罰の魔剣』の使い手

  • クゼ

    信仰が失われた世にあって差別や迫害の対象となっている教団で、唯一の不死身の始末屋。「通り禍のクゼ」と呼ばれている。ニヒロの護衛を依頼された

  • ナスティーク

    クゼだけが知覚できる天使で、クゼを殺そうとする者を自動的に即死させる暗殺者。「静かに歌うナスティーク」と呼ばれている

作品情報

製品名異修羅 新魔王戦争(2)
著者名
  • メグリ
  • 原作珪素
  • その他クレタ
発売日2021年12月16日
初出『月刊少年マガジン』2021年8月号~12月号