踊るリスポーン(6)

踊るリスポーン(6)
著者
  • 三ヶ嶋 犬太朗
掲載誌
  • 増YM ヤングマガジンサード
ジャンル

内容紹介

壇ノ浦調子(だんのうら・ちょうし)は、死んでも最後に寝ていた場所で復活するという、リスポーン体質の持ち主。山崎声(やまざき・あん)の命を助けたことがキッカケで、彼女にホレられてしまう。声ちゃんは超絶可愛いけど、壇ノ浦の死因にすら嫉妬するほど、バイオレンスな愛し方をする女の子。彼女だけでも大変なのに、最強DV姉ちゃん、怪我がすぐ治る自称ライバル、死にたがりの薄幸男子、マイナー神を信仰する女子、闇金軍団、世界一美しい葬儀屋など…超強烈個性に囲まれて、壇ノ浦くんは今日も愛され、死んでは生き返ります。6巻では、世界の美を独り占めしている塩尻幽丸が結婚式を挙げることに! そのお相手ははたして…!?  SNSでも発信をつづけ、アパレルやグッズ化も果たすなど、若い感性を持つ層を中心に超人気の【死ンデレ】ラブコメ第6巻!

著者紹介

  • 三ヶ嶋 犬太朗

登場人物紹介

  • 壇ノ浦 調子

    死んでも最後に寝ていた所に復活(リスポーン)するあつかましい体質の男子。山崎声から重たい愛情をぶつけられている

  • 山崎 声(あん)

    壇ノ浦に庇われて助かった女子。可愛いが重度のヤンデレで、文字通り殺すほど壇ノ浦を愛している

  • 桶狭間 荒

    一般人なら死ぬような目にあってもすぐに復活する図々しい体質の男。自称・壇ノ浦の良きライバルで親友

  • 一ノ谷 赤字郎

    壇ノ浦のクラスメイト。20人家族の長男で、家が貧乏なためバイトを入れまくっている。楽にならない生活を悲観し死にたがっている

  • 傅月 祈莉

    独特な神様を信仰している女子。壇ノ浦を自分が呼び出した神様だと勘違いし、さらに彼を殺している声を女神様と呼び慕うようになる

  • 耳川 針一

    調子たちの通う大麻高校の副担任。いつでも落ち着いており、怒らないのは万物に興味がないから。人にも自分にも興味がない

  • 成身 殺子

    肝っ玉と逆上癖がある姉御肌。カップルは殺してもいいと思っていて、人を破綻させるために自分の身を削ることも厭わない

  • 塩尻 幽丸

    嘘みたいに完璧なルックスを持ち、自分以外を平等に下に置いているレイシスト。人権は自分と美しい生き物のみに採用している

  • 嘉吉 嬉

    人と犬とのハーフ。かつては虐待を受けていた過去もあるが、今では底抜けに明るい。犬にも人にもなれる性欲の塊

  • 悪田 兆

    正論のような暴論で人心を掌握しようとしてくるカリスマ性と弁舌の持ち主。どこまでも自分はまともだと思い込んでいる

  • 荒ママ

    息子の荒がちゃんとした淑女と結ばれるためにはあらゆる手をつくす強烈ママ。そのせいで大麻高校を買収したり、荒に令嬢とのお見合いを勧める

  • 山崎 育

    声の弟で中学生。女性の格好をしていることが多いが、自分のことは「僕」と言い、女扱いされるのを嫌がる。ケンカもできる

  • くるみ

    美人で長身、スタイル抜群の1歳児。1歳なのでまだまだ夜泣きもする。最近走れるようになった

作品情報

製品名踊るリスポーン(6)
著者名
  • 三ヶ嶋 犬太朗
発売日2021年10月20日
初出『ヤングマガジンサード』2021年第5号、『月刊ヤングマガジン』2021年第6号~第9号