十角館の殺人(4)

十角館の殺人(4)
著者
  • 綾辻 行人
  • 著・絵清原 紘
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

「角島青屋敷 謎の四重殺人事件」で謎の死を遂げた建築家・中村青司が「島」に建てた十角形の奇妙な館を、大学のミステリー研に所属する七人――エラリイ、ルルウ、アガサ、カー、ヴァン、ポウ、オルツィが訪れる。到着した次の日、中央ホールのテーブルに「第一の被害者」「探偵」「殺人犯」……と書かれたプレートが置かれていた。誰かの悪戯だろうと目されていたが、四人もの「被害者」が出てしまい、少なくなってしまった「島」のメンバーは「犯人」の正体を突き止めるために奔走する。
一方、「本土」では、島田と江南が、海難事故に遭い亡くなってしまったミス研の元メンバー・中村千織の墓参りに向かう。そこには、意外なものが残されており――。

第22回日本ミステリー文学大賞受賞の綾辻行人と、美しさの中に影がある絵でイラストレーターとしても活躍する清原紘がタッグを組んで贈る、本格ミステリの金字塔をもとにした「コミックリメイク」!

著者紹介

  • 綾辻 行人1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。1987年に『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の先駆けとなる。1992年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『暗黒館の殺人』『奇面館の殺人』など、「館シリーズ」と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった。ほかに『緋色の囁き』『霧越邸殺人事件』『眼球奇譚』『深泥丘奇談』『Another』などがある。2018年、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
  • 著・絵清原 紘漫画家、イラストレーター。漫画作品に『きみにしか聞こえない』『コインランドリーの女』『Another』『探偵の探偵』などがある。イラストレーターとして、『緋色の囁き〈新装改訂版〉』など多数の書籍の装画を担当し、『蒼き革命のヴァルキュリア』などのゲームのキャラクターデザインも手掛ける。

登場人物紹介

  • アガサ

    K**大学薬学部の二回生でミステリ研所属。21歳。明るい性格で交友関係が広い。エラリィと仲がいいが恋愛関係ではなく、ヴァンに片思いしている

  • ヴァン

    K**大学理学部の三回生でミステリ研所属。21歳。真面目で落ち着いた性格で、変わり者の多いミステリ研の中では比較的常識人

  • エラリィ

    K**大学法学部の三回生でミステリ研に所属。21歳。成績優秀だが運動が苦手で、ナルシスト。角島行きをルルゥとともに企画した

  • オルツィ

    K**大学薬学部の二回生でミステリ研所属。20歳。書く小説は生き生きとして明るいが、本人は内向的。千織と一番仲がよかった。第一の犠牲者

  • カー

    K**大学法学部の三回生でミステリ研所属。22歳。攻撃的で感情的。アガサに片思い中で、彼女と仲のいいエラリィに嫉妬している。エラリィとは昔馴染み

  • ポウ

    K**大学医学部の四回生でミステリ研のリーダー的存在。その医学的知識から外部と連絡が取れない中、被害者の状況から死因などを推察している

  • ルルウ

    K**大学文学部の二回生でミステリ研所属。20歳。明るい性格で、ミステリオタク。ミステリ研の会誌『死人島』の新編集長

  • 江南 あきら

    K**大学の学生で元ミステリ研メンバー。千織の事故死以後、サークルの雰囲気がギクシャクしはじめ辞めたが、メンバーとは連絡を取っている

  • 島田 潔

    紅次郎の大学時代の後輩でミステリ好き。紅次郎を訪ねてきた江南とともに、青司名義で送られてきた手紙の謎と角島の事件を調べ始める。実家は寺

  • 守須

    K**大学の学生でミステリ研に所属。角島での合宿には参加せず、バイクで国東に通って絵を描いている。江南らと手紙と角島の事件を調べ始める

  • 中村 紅次郎

    角島で焼死した中村青司の弟で、千織の叔父。高校教師をするかたわら仏教学を研究している

  • 中村 千織

    K**大学の学生でミステリ研に所属していたが、1年前にクルージング中の事故で亡くなった。気立てがよく、オルツィと親しかった

作品情報

製品名十角館の殺人(4)
著者名
  • 綾辻 行人
  • 著・絵清原 紘
発売日2021年10月21日
初出『アフタヌーン』2021年5月号~10月号