おとなになっても(5)

おとなになっても(5)
著者
  • 志村 貴子
掲載誌
  • Kiss
ジャンル

内容紹介

朱里から距離をおくことを告げられショックを受けた綾乃は、現状を打破しようと弁護士に相談し、夫・渉との別居を決意する。それには、夫の他に好きな人ができてしまったという理由ともう一つ、夫婦の間に子供ができず、その後どうするかを夫婦で話し合うことに疲れていたという理由もあった。実家に戻り、これまで見てみないふりをしてきた自分の気持ちに向き合い始める綾乃。一方、朱里もまた実家に戻り、母と姉と姪と暮らし始める。そんなある日、帰り道で偶然再会した二人は、互いの気持ちを確かめ合う。約束はないけれど、二人の未来を夢見る朱里。その頃、夫婦関係を修復しようと願う渉が綾乃の実
家を訪れていて……。何が正解かはわからない--それでも手放さなさいと決めた、ままならぬ大人の恋。

著者紹介

  • 志村 貴子1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化された。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他、『こいいじ』『娘の家出』『敷居の住人』『どうにかなる日々』など、著書多数。また、アニメ『アルドノア・ゼロ』『バッテリー』のキャラクターデザイン、小説の装画など、マンガ以外にも活躍の場を広げている。2020年、『どうにかなる日々』のアニメが劇場公開予定。

登場人物紹介

  • 大久保 綾乃

    小学校の先生で既婚者。行きつけのバーで出会った朱里に惹かれ、後ろめたさを抱えたまま夫の家族との同居するも、実家へ戻ることに

  • 平山 朱里

    女性が好き。綾乃に恋をするが、彼女が既婚と知り諦めることに。心機一転、転職して引っ越すが、新居が偶然にも綾乃の家の近所で戸惑う

  • 大久保 渉

    綾乃の夫。妻が想いを寄せる相手が女性の朱里だと知り戸惑うも、綾乃と別れる気はまったくない

  • 大久保 恵利

    渉の妹。ニートだが、家庭内では会話したり家事を手伝ったりしている。同居を始めた義姉の綾乃とご近所の朱里、兄・渉の関係が気になる

  • 渉の母

    朱里とのことで波風がたった息子夫婦や引きこもりがちな娘を心配している。大らかだが噂好きで、やや強引な面も

  • 本上 滋

    綾乃が同僚の先生から教えてもらい、離婚の相談に乗ってもらった弁護士

  • 長瀬 友花

    綾乃の教え子。名前に「花」が入っていたことで、一花と仲良くなるが、次第に真夏と仲良くなったことで一花と疎遠になる

  • 新田 真夏

    綾乃の教え子。席が近くなってから友花と仲良くなり、一花から嫉妬される

  • 吉住 一花

    綾乃が受け持つ隣のクラスの子。仲が良かった友花が真夏と仲良くなったことが気に入らず、真夏のことを嫌っている

  • 森田

    朱里が勤める美容室の店長。客として来た恵利と街中で偶然会い、二人きりで出かけるようになる。実は既婚者

作品情報

製品名おとなになっても(5)
著者名
  • 志村 貴子
発売日2021年09月13日
初出『Kiss』2021年1月号、2月号、6月号~8月号