あの子の子ども(1)

あの子の子ども(1)
著者
  • 蒼井 まもる
掲載誌
  • 別冊フレンド
ジャンル

内容紹介

「わたし 妊娠したかもしれない」

女子高生の福(さち)には、幼なじみの恋人・宝がいた。
ある日、体調に異変を感じた福は、妊娠検査薬を購入する。
家から離れた、遠い町のファミレスで検査薬を使用した福の目に飛び込んできたのは、“陽性”を表す2本の線だった――。

「女子高生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第1巻発売!

著者紹介

  • 蒼井 まもる6月6日生まれ。B型。愛知県出身。第458回別フレまんがセミナーでシルバー賞受賞後デビュー。代表作は『さくらと先生』、『下級生』、『マイ・ボーイフレンド』など。

登場人物紹介

  • 高校2年生。幼なじみの宝と交際中。体調に異変を感じ、妊娠検査薬で調べた結果は陽性で、一人思い悩む。中絶を決意するが…

  • 優しく頼りがいがある福の彼氏。福の家族とも仲が良く、よく夕飯を一緒に食べている。福の妊娠を知り、この先どうすべきかをきちんと二人で考えようとする

  • 福の兄で大学生。最近、様子のおかしい妹を心配していたが、福が妊娠・中絶について調べていることに気づき、福と宝を産婦人科に連れていく

  • 福たちの母

    大らかで明るい肝っ玉かあさん。幼い福が野良猫を飼いたがった時に、「何かを育てるのは、その命に責任を持てるようになってから」と諭したことがある

作品情報

製品名あの子の子ども(1)
著者名
  • 蒼井 まもる
発売日2021年09月13日
初出『別冊フレンド』2021年6月号~9月号