紫電改343(3)

紫電改343(3)
著者
  • 著・その他須本 壮一
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

昭和20年2月1日。猛将・菅野直率いる戦闘三〇一飛行隊「新選組」、知将・鴛淵孝率いる戦闘七〇一飛行隊「維新隊」、仁将・林喜重率いる戦闘四〇七飛行隊「天誅組」、そして橋本敏男率いる偵察第四飛行隊「奇兵隊」が集結。帝国海軍大佐・源田実が構想した最強の空の砦がついに完成した。それは同時に米軍との決戦が近いことを意味していた。硫黄島を陥落し日本本土を射程に入れた米軍は、次の攻撃目標を呉に定める。そこはまさに343空の本拠地・松山基地の目と鼻の先だった。戦史に刻まれる大空戦がまもなく始まろうとしていた。

昭和の時代、本土防衛に賭した「第343海軍航空隊」の若きパイロット達。撃墜王・菅野直を筆頭に、彼らの生きた証をその圧倒的な筆致で余すところなく描く!

著者紹介

  • 著・その他須本 壮一

登場人物紹介

  • 菅野 直

    大尉。源田から誘われ、当初は反発するが、本土防衛の航空部隊・第三四三海軍航空隊へ。戦闘三〇一飛行隊、通称「新選組」の隊長に

  • 源田 実

    軍令部主務参謀。大佐。本土防衛のための最強の航空部隊・第三四三海軍航空隊を作り、菅野たちを引き入れる

  • 林 喜重

    戦闘四〇七飛行隊、通称「天誅組」の隊長。温厚な人物。かつて挺身攻撃の際に引き返して生き残った臆病者という噂があるが…

  • 鴛淵 孝

    戦闘七〇一飛行隊、通称「維新隊」隊長。帝国海軍屈指のエースパイロットの一人。明るく屈託のない性格で、三〇一の隊長の菅野とも意気投合

  • 橋本 敏男

    偵察士官、少佐。偵察第四飛行隊、通称「奇兵隊」を指揮する

  • 杉田 庄一

    上等飛行兵曹。菅野の部下。かつて山本五十六を守りきれなかった後悔から、今度こそは菅野は守る覚悟で飛ぼうと決意している

  • 志賀 淑雄

    第三四三海軍航空隊飛行長、階級は少佐。紫電改の開発から関わってきたパイロットであり、新たに命名された「剣部隊」の搭乗員達の面倒を見る

  • 今井 琴子

    戦闘三〇一飛行隊が常連のすき焼き専門店「喜楽」女将。みんなからは「かあちゃん」と呼ばれている。菅野と仲がいい

  • エドウィン・W・マシューズ

    通称・パピー。アメリカ軍第17戦闘爆撃飛行隊(VBF-17)所属の少尉。爆弾を抱えて敵に攻撃できる日本人に関心がある

  • 山本 五十六

    連合艦隊司令長官。ブーゲンビルで死ぬ。源田を軍令部に行かせた張本人で密かに彼と同じ本土防衛の航空部隊を構想していた

作品情報

製品名紫電改343(3)
著者名
  • 著・その他須本 壮一
発売日2021年08月11日
初出『イブニング』2021年4号~9号