寄生列島(4)

寄生列島(4)
著者
  • 江戸川 エドガワ
掲載誌
  • ヤングマガジン
ジャンル

内容紹介

研究者・蜷川は寄生虫のワクチン開発に着手する。一方、島のどこにも居場所がなくなってしまった千尋たちは奇跡的に残っていた船で本土へと向かう。その先で彼女を待ち受けていたものとは――。

著者紹介

  • 江戸川 エドガワ

登場人物紹介

  • 千堂 千尋

    両親が離婚し、父について東京から離島・花山島に来た女子高生。よそ者を受け入れない島に馴染めずにいる。正義感が強く、困っている人を見過ごせない

  • 千尋の父

    花山島の診療所に赴任した医師。波風を立てずに過ごそうとしているためか気弱な態度をとるが、娘のためには体を張る男気を見せる

  • 中島 莉子

    千尋の家の近所に住む小学生。父親に虐待されていた節があり、謎の寄生虫に寄生されて父と駐在を殺害。島の船に火を放ってしまう

  • 島常

    千尋の高校の担任。話しやすく男女問わず生徒から人気があるが、寄生虫により千尋や委員長を襲おうとする

  • 蜷川 理一郎

    国立感染症研究所寄生動物部勤務。寄生虫研究に情熱を注いでおり、封鎖された花山島へ単身潜入。寄生虫研究のため、鴻島にある協力を持ちかける

  • 鴻島

    町内会長。島の風習を悪用し、自分の欲望を満たしている。さらに島を自分の思い通りにしようと、蜷川に協力をする

  • 鴻島 真

    町内会長の息子。島の風習を私物化する父に反発し、千堂親子や寛太を助けようとするが、島民たちに捕まってしまう

  • 寛太

    千尋の同級生。「倖女」に選ばれた恋人を救おうとするが失敗し、千堂親子に助けられる。自警団を結成した高校に千尋とともに潜入する

  • 駒井 功太

    千尋の同級生で野球部。幼馴染の委員長が島常たちに襲われているのを助ける。千尋達と協力し、行動をともにするようになる

  • 委員長

    千尋の高校の委員長。駒井とは幼馴染。島常たちに襲われかけた後、千尋達と行動をともにするようになる。真面目な優等生

  • 千尋の高校の生徒会長で空手部部長。島常らの異変に気付き、校内に自警団を組織する。だが自身も寄生虫に寄生され、生徒を射殺してしまう

  • 蟹江

    厚生労働省の役人。政府の命令により花山島に調査へやってくる。感染拡大の原因を調査し、島そのものの破棄を実行する指揮を執る

  • 柿島

    花山島の「始末屋」として幼少期から鍛えられ、島の安寧のために暗躍してきた。寄生虫ワクチンを作れると断言する蜷川と共闘を約束する

作品情報

製品名寄生列島(4)
著者名
  • 江戸川 エドガワ
発売日2021年08月05日
初出『ヤングマガジン』2021年第13号、第15号、第17号、第19号、第21号、第24号、第26号、第28号、第30号