賊軍 土方歳三(4)

賊軍 土方歳三(4)
著者
  • 赤名 修
掲載誌
  • イブニング

ジャンル

内容紹介

錦の御旗をたてに、官軍を名乗る薩摩長州率いる新政府軍。一方、賊軍の汚名を着せられた土方歳三率いる新選組や旧幕府軍は、北上する新政府軍を相手に東北各地で抗戦。そんな中、上野戦争後、会津へと逃れた寛永寺貫主にして皇族でもある輪王寺宮が「東武皇帝」を名乗る事を決意する。東武皇帝という新たな錦の御旗を得た旧幕府軍はもはや「賊軍」ではない、誰もがそう思っていた。しかし、東武皇帝を頂点とする東北王朝構想には重大な欠陥があった。その欠陥を正すため、市村鉄之助こと沖田総司は秋田へと急行。そこで待ち受けていたのは、薩摩最強の剣客・大山格之助だった。近藤勇が最も恐れいていた薩摩の剣術・薬丸自顕流を極めていた大山は、沖田を確実に窮地へと追いつめていく。

著者紹介

  • 赤名 修

登場人物紹介

  • 土方 歳三

    かつて京で不逞浪士を取り締まっていた「新選組」副長。薩長が官軍となり、賊軍とされ追い詰められる中、最後の戦いに立ち上がる

  • 市村 鉄之助

    元新選組一番隊隊長の沖田総司。重病で隠とん生活をしていたところを土方に再起を促され、病死を装い、市村鉄之助として名を変え、土方に同行する

  • 斎藤 一

    土方不在の間、新選組隊長を務めていた。会津に入る前に本姓に戻し、「山口二郎」を名乗っている。沖田と並ぶ新選組の剣豪

  • 島田 魁

    新選組の隊士。力士のような巨漢で隊士たちには厳しい面もあるが、気のいい性格

  • 竹中 重固

    元幕府陸軍奉行。鳥羽伏見の戦いでは総指揮を任されるも敗戦し、官位を剥奪されるも戦線復帰。新選組を陰で支える

  • 山本 八重

    池田屋事件で土方と絆を深めた山本覚馬の妹。最新式のスペンサー銃の扱い方を新選組に指南する

  • 原田 左之助

    通称「死損ね左之助」。新選組十番隊隊長で土方たちとは袂を分かっていたが、志は変わらず、上野戦争で輪王寺宮一行を逃がすしんがりとなる

  • 輪王寺宮

    東武天皇として即位し、奥羽越列藩同盟を中心とする東北朝廷の新政府軍に対抗する旗印となる

  • 大山 格之助

    奥羽鎮撫総督府参謀を務める薩摩藩士。近藤が最も警戒する剣法・薬丸自顕流の類稀なる使い手で、奥伝の小太刀をも極めている

  • 細谷十太夫直英

    秋田藩士で、ヤクザや猟師などの有志で組織された衝撃隊の隊長。鎮撫総督府の動きを探っていたが、奥羽越列藩同盟の瓦解により隠密から前線に復帰

作品情報

製品名賊軍 土方歳三(4)
著者名
  • 赤名 修
発売日2021年06月23日
初出『イブニング』2021年4号、6号~8号、10号