カバチタレ!(1)

カバチタレ!(1)
著者
  • 漫画・漫画原作東風 孝広
  • 原作田島 隆
  • 青木 雄二
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

「カバチタレ!」とは広島弁で、文句や屁理屈を言う人のこと。法律を知れば、今まで泣き寝入りしていた者も、カバチをタレて自分たちの生活を守ることができるのだ。主人公の田村は行政書士の大野に出会ってそのことに気づき、大野事務所に入所する。街の法律屋として依頼者のため走り回る新米補助者の奮闘記。

著者紹介

  • 漫画・漫画原作東風 孝広1972年広島県呉市生まれ。高校を卒業後、設計・製図会社に就職するが「漫画家になる」と社長に宣言し、1年で退職。96年(24歳)、従兄弟の田島隆氏の紹介により青木雄二氏に出会い、大阪を出ることを決意。半年間『ナニワ金融道』の作画を手伝う。98年(25歳)、処女作『五番街』で週刊ヤングマガジンのちばてつや賞ヤング部門入賞。99年5月、モーニングにて『カバチタレ!』の連載を開始。2001年8月よりイブニングにて『極悪がんぼ』の連載を開始。05年7月よりモーニングにて『特上カバチ!!』の連載を開始し、現在にいたる。大阪府大阪市在住。
  • 原作田島 隆1968年広島県呉市生まれ。高校を中退して以降、独立して生計を営み、トラック運転手、花屋、クリーニング屋、ビル清掃業、営業マン、新聞配達など約30種の職を経験した。20歳のとき法律家を志し、司法書士補助者を経て、1991年、海事代理士試験に合格。呉市に田島海事法務事務所を開業、現在まで海事代理士・行政書士として法律実務に携わる。1999年よりモーニングにて『カバチタレ!』の連載を、2001年よりイブニングにて『極悪がんぼ』の連載を開始。2005年7月より『特上カバチ!!』の連載を開始し、現在にいたる。広島県在住。
  • 青木 雄二1945年、京都府生まれ。岡山県立津山工業高校土木科卒業後、関西の電鉄会社に就職する。退社後、岡山にて町役場に勤めるが数ヵ月後に退職。次いで大阪でパチンコ店店員、寿司職人見習いなど約30種の職業を経験する。後に、デザイン会社を設立し約8年間、経営した。1989年、『50億円の約束手形』でアフタヌーン四季賞入賞。1990年、モーニングで『ナニワ金融道』の連載を開始する。1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞を受賞。近年は漫画のみならず評論家としても活躍していた。『ナニワ金融道』のほか近著に『だまされたらアカン』『ゼニの美学』『青木雄二のどついたれッ』『ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学』(いずれも講談社刊)がある。

登場人物紹介

  • 田村 勝弘

    行政書士大野勇事務所勤務。大野に助けらたことをきっかけに、人助けを志して行政書士を目指す

  • 大野 勇

    行政書士大野勇事務所を構える行政書士。世間の裏表を知り尽くしたベテランで事務所員のよき理解者

  • 栄田 千春

    行政書士大野勇事務所で、田村の教育係となる人物。理解のある先輩だが、強面で女性に縁がない

  • 金田 銀四郎

    行政書士大野勇事務所で、田村の教育係となる人物。理解のある先輩だが、強面で女性に縁がない

  • 重森 寛治

    行政書士大野勇事務所に勤務で、大野から事務所の切り盛りを任されている。責任感が強く部下思い

作品情報

製品名カバチタレ!(1)
著者名
  • 漫画・漫画原作東風 孝広
  • 原作田島 隆
  • 青木 雄二
発売日1999年11月19日
初出『モーニング』’99年第23号~第33号