乾と巽―ザバイカル戦記―(5)

乾と巽―ザバイカル戦記―(5)
著者
  • 安彦 良和
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

安彦良和、入魂の歴史巨編!!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『天の血脈』など数々の名作を世におくり出してきたレジェンドが「最後の長編」と銘打ち挑むロシア革命と日本。大正時代、「シベリア出兵」によりロシアの戦場に立った腕利きの砲兵・乾と、気鋭の新聞記者・巽の物語。
 反革命勢力セミョーノフ軍に協力する乾は少尉に昇進。ザバイカルの独立をうたうセミョーノフ討伐に向かうコルチャーク軍を食い止めるため、イルクーツクでチェコ軍団の装甲列車と対峙する。一方巽は、新聞社という組織の限界を感じ浦潮日報を退社。この戦争の真実を見ようと、元同僚の珠子とチタへ向かった。
 乾と巽、二人の目はこれから何を見ることになるのか──。

著者紹介

  • 安彦 良和北海道出身。
    アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。
    『ナムジ』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。
    〈クラッシャージョウ〉シリーズの装画、挿絵は一貫して手がけており、劇場版『クラッシャージョウ』の監督をつとめる。

登場人物紹介

  • 乾 冬二

    帝国陸軍第七師団の軍曹で、腕利きの砲手。満州里でロシア兵への砲兵部隊の育成を命ぜられる

  • 巽 奈津夫

    浦潮日報の元新聞記者。ロシア語が堪能。『クラエフスキーの会戦』での戦闘に巻き込まれた際、乾に助けられ、珠子とチタへ向かおうとしたところ深見に助けられる

  • 珠子

    巽の元同僚。彼と一緒に今起こっている戦争の真実を見るためチタへ向かおうとしていたが、深見に助けられオムスクへ向かう

  • 深見 圭介

    関東都督府陸軍部附情報部に所属。ハルビンで巽と出会ったが、彼がチタへ向かおうとしているときに再会し、オムスク行きを手助けする

  • セミョーノフ

    反革命勢力軍を率いる大佐。乾を少尉に昇進させた。無謀なことを言ったり、暴走しがちな人物

  • ウルジン

    中尉。乾が中隊長を務める先遣隊隊長。セミョーノフの命令でイルクーツクに向かっているチェコ軍団のオルリーク号を撃っていいと乾に伝えるが…

  • ガイダ

    少将。チェコ軍団司令官。オルリーク号に乗っていて、乾の砲弾を受けそうになり、ウルジンや乾に抗議する

作品情報

製品名乾と巽―ザバイカル戦記―(5)
著者名
  • 安彦 良和
発売日2021年05月21日
初出『アフタヌーン』2020年12月号~2021年5月号