賊軍 土方歳三(3)

賊軍 土方歳三(3)
著者
  • 赤名 修
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

明治元年。唯一無二の友・沖田総司の病を治すためフランスを目指す新選組副長・土方歳三は、薩長率いる新政府軍と交戦しながら北上を続ける。劣勢を強いられる中、歳三は最新式のスペンサー銃を使いこなすため会津に山本八重を訪ねる。一方東京上野では、彰義隊と新政府軍が衝突。元新選組十番隊隊長の原田左之助も彰義隊士として奮戦。激戦の中、左之助は窮地に陥った上野寛永寺の貫主・輪王寺宮救出に向かう。この輪王寺宮こそ、新政府軍に対抗できるもう一つの錦の御旗だった。何としても輪王寺宮を土方のもとへ送るべく、左之助、最後の戦いが始まる!!

著者紹介

  • 赤名 修

登場人物紹介

  • 土方 歳三

    かつて京で不逞浪士を取り締まっていた「新選組」副長。薩長が官軍となり、賊軍とされ追い詰められる中、最後の戦いに立ち上がる

  • 市村 鉄之助

    元新選組一番隊隊長の沖田総司。重病で隠とん生活をしていたところを土方に再起を促され、病死を装い、市村鉄之助として名を変え、土方に同行する

  • 斎藤 一

    土方不在の間、新選組隊長を務めていた。会津に入る前に本姓に戻し、「山口二郎」を名乗っている。沖田と並ぶ新選組の剣豪

  • 島田 魁

    新選組の隊士。力士のような巨漢で隊士たちには厳しい面もあるが、気のいい性格

  • 竹中 重固

    元幕府陸軍奉行。鳥羽伏見の戦いでは総指揮を任されるも敗戦し、官位を剥奪されるも戦線復帰。新選組を陰で支える

  • 山本 八重

    池田屋事件で土方と絆を深めた山本覚馬の妹。最新式のスペンサー銃の扱い方を新選組に指南する

  • 原田 左之助

    通称「死損ね左之助」。新選組十番隊隊長で土方たちとは袂を分かっていたが、志は変わらず、上野戦争で輪王寺宮一行を逃がすしんがりとなる

  • 輪王寺宮

    東武天皇として即位し、奥羽越列藩同盟を中心とする東北朝廷の新政府軍に対抗する旗印となる

作品情報

製品名賊軍 土方歳三(3)
著者名
  • 赤名 修
発売日2021年02月22日
初出『イブニング』2020年18号、19号、21号~23号、2021年1号~3号