星降る王国のニナ(4)

星降る王国のニナ(4)
著者
  • リカチ
掲載誌
  • BE・LOVE
ジャンル

内容紹介

瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、大国ガルガダへの輿入れを控えていたアリシャ姫の身代わりとして、フォルトナの第二王子アズールに見出される。孤独な星の下に生まれ、互いに惹かれ合うふたり。ニナは、国王に狙われたアズールの命を救うため、ガルガダの第一王妃の座を手に入れることを決意する。しかし、ガルガダの第一王子セトは、愛を知らぬ冷酷な青年だった。それでも「私を好きになってみるのはどうかな?」と持ちかけたニナ。思いがけず、ふたりの距離は縮まっていき…!?
運命に翻弄されながら、一生に一度の恋に揺さぶられていく極上の王宮ファンタジー第4巻!

著者紹介

  • リカチBE・LOVE2011年6号で「明治緋色綺譚」の読み切りを掲載。主な作品に「明治緋色綺譚」(全13巻)、続編「明治メランコリア」(全11巻)、「昭和ファンファーレ」(全7巻)がある(すべて講談社)。

登場人物紹介

  • ニナ

    孤児だったがフォルトナの姫・アリシャの身代わりとして見出された。アズールを守るために、大国ガルガダへ嫁ぐ決意をする

  • アズール

    フォルトナ国の第二王子だったが国王に。ニナをアリシャ姫として教育し、大国ガルガタに嫁がせるつもりだったが、互いに惹かれ合う

  • セト

    大国ガルガダの第一王子。他国の花嫁候補の女性たちが震え上がるほど冷徹な性格だったが、ニナとの距離が近づく

  • ヒカミ

    ニナと一緒にフォルトナからセトがいるバステアまでやってきたたったひとりのニナの侍女

  • アン

    バステアで出会った新人侍女。ニナと仲良くなる

  • ヨル・アト

    セトの兄でガルガダの第二王子。黒の宮に住んでいる。女が苦手だが、王位継承のためにニナに近づく

  • ビドー・ターハ

    セトの兄でガルガダの第三王子。紫の宮に住む。ニナを手に入れることが王位継承につながることになり、積極的にニナに近づく

  • トート・ユガ

    セトの弟でガルガダの第四王子。王位に興味はないが、ニナにセトの忌まわしい生い立ちを吹き込もうとする

  • フォルトナ前国王

    フォルトナを治める王。アズール、アリシャ、ムフルムの父親

  • フォルトナ前王妃

    第一王子ムフルムの母。アズールを目障りに感じている

  • ムフルム

    フォルトナの第一王子。アズールに憧れている

作品情報

製品名星降る王国のニナ(4)
著者名
  • リカチ
発売日2021年02月12日
初出『BE・LOVE』2020年11月号、12月号、2021年1月号、2月号