西妖記(2)

西妖記(2)
著者
  • 原作冬森 雪湖
  • 一ノ瀬 かおる
掲載誌
  • イブニング

ジャンル

内容紹介

人類がその進化を止め滅亡へと向かう中、世を救う経典を手に入れるため天竺を目指す茜上人一行。茜は「妖魔の王」とも称される「真人」である氷高を旅に同行させる。道中、一行は棄民の芸人一座「傀儡(くぐつ)」と旅を共にすることになりーー。そして氷高を追う存在も現れ…。 本格アジアンファンタジー第2巻!

著者紹介

  • 原作冬森 雪湖
  • 一ノ瀬 かおる

登場人物紹介

  • 茜上人

    須弥山の僧侶。次の千年を知るための有難き経典を求めて、天竺を目指しており、その途中出会った氷高を「真人」であると見定め、旅に誘う

  • 氷高

    塞国の双子の王子の一人。妖魔に取り込まれるも元の姿に戻り、切り落とされた足は妖魔の足となった。宝珠を持たないが真人

  • 真守

    茜の奴隷で、天竺までの護衛を務めている。元は塞国の大将軍で氷高にすぐに気づいた。自らの宝珠を持たないため、使用しているのは汎用宝珠

  • 白霞

    茜の奴隷で、天竺までの護衛を務めている。飄々とした優男。宝珠を持たないため、使用しているのは汎用宝珠だが、情報収集能力に長けている

  • 瑞波

    塞国の双子の王子の一人。氷高から足と宝珠を奪い、廃金鉱に幽閉していた。氷高に執着しており、居場所を探し、茜とともに再び捕らえる

作品情報

製品名西妖記(2)
著者名
  • 原作冬森 雪湖
  • 一ノ瀬 かおる
発売日2020年12月23日
初出『イブニング』2020年13号~15号、17号~21号