ダーウィン事変(1)

ダーウィン事変(1)
著者
  • うめざわ しゅん
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

テロ組織「動物解放同盟(ALA)」が生物科学研究所を襲撃した際、妊娠しているメスのチンパンジーが保護された。
彼女から生まれたのは、半分ヒトで半分チンパンジーの「ヒューマンジー」チャーリーだった。
チャーリーは人間の両親のもとで15年育てられ、高校に入学することに。
そこでチャーリーは、頭脳明晰だが「陰キャ」と揶揄されるルーシーと出会う。

「テロ」「炎上」「差別」……ヒトが抱える問題に、「ヒト以外」のチャーリーが、ルーシーとともに向き合うヒューマン&ノン・ヒューマンドラマ。

作品集『パンティストッキングのような空の下』が「このマンガがすごい!」2017(宝島社)のオトコ編第4位にランクインし、話題になった漫画家・うめざわしゅんによる連載作品、開幕!

著者紹介

  • うめざわ しゅん漫画家。作品集『パンティストッキングのような空の下』が「このマンガがすごい!」2017(宝島社)のオトコ編第4位にランクインし、話題になる。
    他作に『ユートピアズ』『一匹と九十九匹と』『ピンキーは二度ベルを鳴らす』『えれほん』など。

登場人物紹介

  • チャーリー

    人間とチンパンジーの間に生まれた交雑種であるヒューマンジー。15歳になり育ての親が暮らすミズリー州の高校に通う

  • ルーシー

    チャーリーの高校の同級生。学校では陰キャで優等生と言われている。ある出来事をきっかけに学校で目立つ存在のチャーリーと仲良くなる

  • ギルバート・スタイン

    通称バート。チンパンジー研究の権威で、チャーリーの育ての父

  • ハンナ

    バートの妻でチャーリーの育ての母。チャーリーには人間らしく育ってほしいと願っている

  • マックス

    動物の平等な権利を主張するテロ組織・動物開放同盟(ALA)のメンバー。チャーリーをテロに引っ張り出そうと考えている

作品情報

製品名ダーウィン事変(1)
著者名
  • うめざわ しゅん
発売日2020年11月20日
初出『アフタヌーン』2020年8月号~12月号