人形の国(7)

人形の国(7)
著者
  • 弐瓶 勉
掲載誌
  • 月刊少年シリウス

内容紹介

復活したエスローは仲間たちと共に、リベドア帝国内へと向かう。皇帝は戦い方を変えエスローたちを迎え撃つが・・・? 弐瓶勉による新・王道ダークファンタジー第7巻!

著者紹介

  • 弐瓶 勉1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中.。

登場人物紹介

  • エスロー

    リベドアの戦士を殺したことがきっかけで仲間を失う。タイターニアの持つコードで正規人形になる。射撃の名手

  • タイターニア

    リベドア皇帝の野望を阻止するために地底世界から来た。人形の姿になれるが折りたたみ式の自動機械

  • ケーシャ

    帝国に滅ぼされた国イルフ・ニクの姫。エスロー達と行動を共にしている。伸縮自在の棒と電気を操る

  • カジワン

    イルフ・ニクの王でケーシャの兄。隠れ里を滅ぼされた後、自らの野望のため、姿を消した

  • スオウニチコ

    リベドア帝国の皇帝。強い上級正規人形を作り続けている

  • トオス

    リベドア帝国の軍人。能移植され上級正規人形(転生者)になった。金属を操る強力な力を持つ

  • ジェイト

    リベドア帝国の上級正規人形(転生者)。自動機械を操る能力を持つ

トピックス

作品情報

製品名人形の国(7)
著者名
  • 弐瓶 勉
発売日2020年11月09日
初出『月刊少年シリウス』2020年5月号~10月号掲載分を収録。