なれの果ての僕ら(4)

なれの果ての僕ら(4)
著者
  • 内海 八重
掲載誌
  • 週刊 少年マガジン

内容紹介

『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


ヒトの本性をさらけ出す、おぞましい監禁劇。実験を経て、「最も不要な人間」に選ばれた罪人は、無数の傷を負いながら、激しい憎悪に突き動かされる。すべての人間を巻き込んだ凶行の果て、夢崎みきおの真の目的が語られるとき、善性を問う最大の実験が幕を開ける。“君は僕を殺せるか?”

著者紹介

  • 内海 八重

登場人物紹介

  • 夢崎 みきお

    事件の首謀者。極限状態での人間の善性を試すために、同窓会に集まった元6年2組のメンバーを監禁し、常軌を逸した実験を行なっていく

  • ネズ

    元6年2組の生徒でみきおの友人。正義感が強く、みきおの実験を止めようとするが、その行動により周囲から浮いてしまう

  • 桐嶋 未来

    元6年2組の生徒でネズの彼女。美少女で、クラスの男子の憧れだった。実験を止めようと、みきおの持ち込んだ毒で彼を毒殺しようとする

  • 早乙女

    元6年2組の生徒。当時は女の子に間違われるほど可愛かったが、空手を始めてから体も成長し、別人のように。空手で全国大会をめざしている

  • 雨宮 鈴子

    元6年2組の生徒。小学時代は地味だったが、高校生になった現在はイメチェンに成功。自分をいじめていた委員長をみきおの実験中に告発する

  • 桜庭先生

    元6年2組の担任。同窓会に呼ばれ、元教え子たちとともに監禁されてしまう。多くの生徒に慕われているが、一部の生徒からは信頼されていない

  • 月岡 小紅

    元6年2組の生徒で、事件の生き残りの一人。みきおの実験の途中で、仲のよかった石井をリンチしてしまう

  • 杉田 将矢

    元6年2組の生徒で、事件の生き残りの一人。明るい性格のお調子者だが、みきおの言動に翻弄され、何かと周囲に疑惑の目を向けてしまう

  • 石井 礼夏

    元6年2組の生徒。みきおの実験により、信頼していた小紅にリンチされ、彼女を憎むようになる

作品情報

製品名なれの果ての僕ら(4)
著者名
  • 内海 八重
発売日2020年10月16日
初出『週刊少年マガジン』2020年第31号~第40号