マージナル・オペレーション(15)

マージナル・オペレーション(15)
著者
  • キムラ ダイスケ
  • 原作芝村 裕吏
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

アラタたちのゲリラ戦略に苛立った敵が空爆を決行、アラタたちは拠点キャンプ・ハキムを失い、ついに仲間に犠牲が出た! スポンサーである西側諸国連合から対空兵器の資金を引き出すためタイへ向かったアラタは新たな戦略をアピールするが…。入院中のソフィをはじめ懐かしい顔にも再会し、ついに攻勢に打って出る! 失った命は戻らないが、自分が思考停止することは子供たちが死ぬと痛感するアラタは、国境で新しい戦術を編み出す! 戦場で開花した異端の才能は、子供たちの新天地を求めて戦況を支配する!

著者紹介

  • キムラ ダイスケ漫画家、イラストレーター。
    群馬県出身。イラストレーターとしては『憂鬱なヴィランズ』『青い森の国』など。
    ウサギと猫2匹と一緒に仲良く暮らしています。好物は鮭。山登りが好きだけど行く時間がないから登ったつもりで階段昇降するのが日課。
    最近、油性マジックでビアンキって書いた中古のママチャリが盗まれてから何も信じられなくなりました。盗んだらだめ。
  • 原作芝村 裕吏ゲームデザイナー。
    『ガンパレード・マーチ』、『絢爛舞踏祭』、『ガンパレード・オーケストラ』三部作などを手がける。その特異な世界観と研ぎすまされたシステムから「芝村ゲー」と呼ばれ、熱狂的なファンを獲得している。近年は漫画原作も数多く手がける。本作が初の書き下ろし長編小説となる。(星海社WEB「最前線」より)

作品情報

製品名マージナル・オペレーション(15)
著者名
  • キムラ ダイスケ
  • 原作芝村 裕吏
発売日2020年09月23日
初出『アフタヌーン』2020年4月号~9月号