ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界

ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界
著者
  • 著・文「TEZUKA2020」プロジェクト
掲載誌
  • モーニング

内容紹介

もし手塚治虫が存命で漫画を描き続けていたら、どんな漫画を描くのだろうか?そんな疑問に答えるべく、手塚プロダクションとキオクシア(旧・東芝メモリ)が「TEZUKA2020」というプロジェクトを立ち上げました。AI(人工知能)技術を駆使して手塚治虫の新作漫画を生み出すプロジェクトです。漫画にはストーリーと絵の2つの要素があります。「TEZUKA2020」では、莫大な量の手塚作品のストーリーとキャラクターを抽出してAIに読み込ませて、試行錯誤を繰り返しながら、世界初のAIが制作にかかわった漫画を創り上げました。本書では、その詳しい制作過程を紹介するとともに、できあがった作品「ぱいどん」を掲載します。他に手塚治虫がおよそ40年前に描いたAI関連作品「サスピション」の「ハエたたき」も収録。

著者紹介

  • 著・文「TEZUKA2020」プロジェクト

作品情報

製品名ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界
著者名
  • 著・文「TEZUKA2020」プロジェクト
発売日2020年07月29日
初出収録作品参照