大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(6)

大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(6)
著者
  • 植芝 理一
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

僕は鈴木実(すずきみのる)、16歳。誰にも言えない悩みがあるんだ。それは、時々高校時代の母さんが見えること。どうやらそれは、死んだ父さんの記憶がフラッシュ・バックしてるみたいだ。父さんの想いも混じってるせいか、僕は母さんのことを──。 このやり場のない感情をどうしたらいいんだ! というわけで、僕は煩悶の毎日を送っています……。

母さんのアシスタントになった一(にのまえ)に、僕は最近振り回されっぱなし。でも一緒にいることが増えて僕の気持ちも……。母さんと一、そして大蜘蛛ちゃん。このドキドキはどこに向かうんだろう──!? 記憶交錯・理性倒錯のエキセントリック・コメディー、ついに完結!!

著者紹介

  • 植芝 理一1991年、コミックオープンちばてつや賞一般部門受賞。代表作に「ディスコミュニケーション」「夢使い」(2006年TVアニメ化)「謎の彼女X」(2012年アニメ化)がある。2017年より月刊アフタヌーンで本作「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」を連載。

作品情報

製品名大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(6)
著者名
  • 植芝 理一
発売日2020年08月21日
初出『アフタヌーン』2020年3月号~8月号