将国のアルタイル(23)

将国のアルタイル(23)
著者
  • カトウ コトノ
掲載誌
  • 月刊少年シリウス
映像化
ジャンル

内容紹介

バルトライン帝国の首都・城壁の街(ミュール)を包囲するザガノス軍は内部へと突入! だが聖ミヒャエル城へ続く唯一の連絡橋が落とされ、決定的な好機を逃がす
またトルキエの首都・金色の町(アルトゥン)を女帝レレデリクが包囲。帝国の主戦力を率いるグララットは水門城壁を果敢に攻め立てる。必死で守る四将国軍。このままバヤジットを失った泉の町(チェシメ)の悪夢が再現されてしまうのか!?
攻めるも守るも窮地極まるエキゾティック最前線! トルキエ、防戦一方……!!

著者紹介

  • カトウ コトノカトウ コトノ
    6月15日生まれ。双子座。O型。新潟県在住。
    月刊少年シリウス2007年4月号に掲載された、第5回シリウス新人賞入選作「アナスタシアの親衛隊長」でデビュー。
    月刊少年シリウス2007年9月号より「将国のアルタイル」を連載中。
    2017年に第41回講談社漫画賞<少年部門>受賞。

登場人物紹介

  • 犬鷲の将軍マフムート

    トルキエ史上最年少の将軍(パシャ)。戦争で村を焼かれただ一人生き残った大鷲使いの少年。平和を守るため日々政略をめぐらせる

  • 毒薬の将軍ザガノス

    分析力に優れ、強い発言力を持つ政治家で、戦略・戦術に長けた軍師でもある。侵攻軍総司令官として、城壁の町ミュールを陥落させると宣言

  • 蹄鉄のジェミル

    ザガノスに従い帝国領侵攻軍に参加した冷めた目つきの将軍。常に冷静沈着な態度は崩さず、淡々と責務をこなす。ザガノスへの忠誠心は強い

  • 駱駝のイルカイ

    ザガノスの部下で、駱駝隊を率いる血気盛んな将軍。闘争心が旺盛で戦の最前線にでること、敵を打ち倒すことに充足感を覚える。気が短く、軽薄

  • 剣のオルハン

    クルチュ将国3代将王(スルタン)。レレデリクの金色の町侵攻に備え、「水門」城壁の守備隊の人に就く

  • 武器商のイスマイル

    ブチャク将国3代将王(スルタン)。自分より国が大事とは考えていなかったが、泉の町での敗戦から考えを改める

  • 大将軍

    将軍会議を統べる、トルキエ将国の元首

  • ゴルドバルト11世

    バルトライン帝国皇帝。中央集権体制における城の意味を誰より知り尽くし、将国の攻撃を受けても城から撤退しないと決意

  • ビルヒリオ・ルイ

    バルトライン帝国の筆頭大臣。様々な陰謀を画策。陸軍大将の命で拘留されていたが、戦局を見通す能力を買われ復権を果たす

  • レレデリク

    バルトライン帝国 エルルバルデス公爵 吹雪の町伯爵夫人。重装騎兵軍団を率いてトルキエ領に侵攻し、将国軍を追い詰める

  • グララット

    レレデリクの側近。彼女の手足となって前線の戦況を的確に見極め、報告。将国軍に切り込む

  • シモン・ブランシャール

    バルトライン帝国財務大臣。ルイの手腕に一目を置いている

トピックス

※ 第41回講談社漫画賞 少年部門受賞

作品情報

製品名将国のアルタイル(23)
著者名
  • カトウ コトノ
発売日2020年08月06日
初出『月刊少年シリウス』2019年10月号~11月号、2020年2月号~6月号