ブラックガルド(2)

ブラックガルド(2)
著者
  • 花田 陵
掲載誌
  • モーニング・ツー
ジャンル

内容紹介

『デビルズライン』の花田陵が描く
戦慄と哀切が渦巻く、ダーク《バトル》ファンタジー!

突如現れた化け物「ショウジョウ」に、世界は蹂躙されていた。
凶暴な力で人に牙をむき、少しでもショウジョウに傷つけられた者は
あるウイルスに感染し同じショウジョウとして蘇ってしまう。
人々は「空中都市」を作り、「ガルド」と呼ばれる討伐部隊を組織して
ショウジョウに対抗していた。

そんな中、神奈川に新種のショウジョウが現れたとの知らせを受け、
白盾警備は特別な研究チームを派遣し調査することに。
そして”新種”との邂逅が、七雄とクリスの運命を大きく動かし始める。

著者紹介

  • 花田 陵

登場人物紹介

  • 南 七雄

    B地区遊軍1の精鋭。慢性的な精神疾患を抱えており、死にたがり。黒いマントに身を包んでいることから「ブラックガルド」と呼ばれている

  • 宮地 クリス

    南の相棒としてB地区遊軍1に配属された。南に興味を持ち、心を通わせ始める。ショウジョウに噛まれた右足を南に切り落とさせる。料理が得意

  • 荻野 千波夜

    養成学校を学年1位の成績で卒業した新人ガルド員。南に憧れており、同じ部隊への配属を希望し、ともに戦うことに

  • 川上 左穣

    C地区遊軍。弟を自殺で亡くしており、死にたがりの南に興味を抱く。ショウジョウの鳴き真似が得意。人間を生き餌にするなど非情な面を持つ

  • 浅霧

    B地区5番隊隊長。川上に部下を生き餌にされたと疑っている。南らとともに新種のショウジョウの調査隊として旧川崎工業地帯に派遣される

  • 轟 奏多

    生態研究部課長。南たちとともに川崎の新種調査に向かい、噛まれなくても感染する可能性があることなどに気づくが、何者かに拘束されてしまう

  • 時宗 唯

    川崎支社警備課F隊長。新型ショウジョウに噛まれた右腕をすぐに切り落とし、感染を免れた

作品情報

製品名ブラックガルド(2)
著者名
  • 花田 陵
発売日2020年08月20日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2020年4月号、5月号、7月号~9月号