宝石の国(11)

宝石の国(11)
著者
  • 市川 春子
掲載誌
  • アフタヌーン
映像化
ジャンル

内容紹介

宝石たちは、フォスに誘われて月に向かった者たちと、地上に残り、金剛先生と新たな関係を築こうとする者たちにわかれていた。地上の宝石に砕かれて二百二十年後、金剛先生によって復元されたフォスは、金剛に再度祈るように迫るも、地上の宝石に気づかれて追われる身となった。ルチルに見つかり絶体絶命のところに月より現れたのは、「あの」宝石だったーー。

著者紹介

  • 市川 春子投稿作『虫と歌』でアフタヌーン2006年夏の四季大賞受賞後、『星の恋人』でデビュー。初の作品集『虫と歌 市川春子作品集』が第14回手塚治虫文化賞 新生賞受賞。2作目の『25時のバカンス 市川春子作品集 2』がマンガ大賞2012の5位に選ばれる。両作品ともに、市川氏本人が単行本の装丁を手がけている。

登場人物紹介

  • フォスフォフィライト

    現状を打開するために、仲間の宝石を誘い月へと向かう。金剛に、無に帰したいと願う月人のために、祈りを捧げてもらおうと奔走する

  • シンシャ

    体から毒液がでる体質のため、他の宝石から孤立している。体質を変えられる可能性がある月行きの誘いを断り、金剛や仲間のそばに残ることを選ぶ

  • 金剛

    宝石たちを統率していたが、人間に作られた機械だと知られ、現在は皆と対等な立場に。祈りを捧げるためにつくられたが不具合が発生している

  • ルチル

    美脚の元医師。割れた宝石たちの修復と医療を担当していたが、フォスがパパラチアを連れて月に行ってしまったため、その職務を放棄している

  • ボルツ

    硬度、靭性共に最高の素質を誇り、金剛先生の次に強い。戦闘以外に興味がなく、それ以外のことでは無口

  • ダイヤモンド

    硬度は最高の十を誇るが、単結晶のため割れやすくボルツに比べ靭性が低い。フォスとともに月に行き、アイドルとして活躍

  • ジェード

    議長をつとめる宝石たちのまとめ役。非常に靭性が高く”堅牢のジェード”と呼ばれている

  • イエローダイヤモンド

    宝石たちの中で最年長で面倒見がよいため”おにいさま”と呼ばれている。大らかかつ大胆。フォスとともに月に行く

  • アレキサンドライト

    地上では月人の情報の収集と分析が仕事だった。フォスとともに月に行き、月人を知ることで憎めなくなった。月では料理人をしている

  • カンゴーム

    フォスとともに月に来て、本来の自分を取り戻す。月人を統率するエクメアと恋に落ち、結婚した。月人からは“姫”と呼ばれている

  • エクメア

    月人を統率している。フォスに金剛の正体を明かし、自分たちの願いを叶えるため金剛に祈りを捧げさせたいと語り、フォスに協力を依頼する

  • ユークレース

    優しさと知性にあふれる宝石。地上にいるが、月に行ったフォスたちと地上に残った自分たち、皆のことを思いやっている

作品情報

製品名宝石の国(11)
著者名
  • 市川 春子
発売日2020年07月20日
初出『アフタヌーン』2019年9月号~2020年5月号