はたらく細胞フレンド(4)

はたらく細胞フレンド(4)
著者
  • 原作黒野 カンナ
  • 和泉 みお
  • 清水 茜
掲載誌
  • 別冊フレンド
ジャンル

内容紹介

春はあげぽよ! 夏はオール!
冷静沈着な“殺し屋”キラーT細胞も、
シーズンレジャーは嫌いじゃない☆

だけど、季節の変わり目は
体にとって危険がいっぱい!
味方のはずの細胞からも
次々トラブルが持ち込まれて
はたらく現場は大混乱!!
班長はこのピンチを乗り越えて
オフを満喫することができるの…!?

1話完結式なのでこの巻からでも笑えます!
大爆笑の人気細胞スピンオフ☆

著者紹介

  • 原作黒野 カンナ和菓子販売員兼まんが家。代表作に、女子の生活を鋭く切り取るショートギャグ『平安系女子! 村崎さん!!』『ご結婚はまだですか?』など。
  • 和泉 みお11月1日生まれ。さそり座。A型。キュートな絵柄が人気のラブコメの旗手。主な作品に『春の小川はドキドキするよ。』『ここから先はNG!』『お給料は彼氏です』など。
  • 清水 茜第27回少年シリウス新人賞大賞受賞後、「月刊少年シリウス」にて『はたらく細胞』を連載中。

登場人物紹介

  • キラーT細胞

    ”体内の殺し屋”としてキャラを模索した結果、周囲に怖がられているがみんなと仲良くしたいさみしがり屋

  • 白血球(好中球)

    体内に侵入した細菌やウィルスなどに対処する。寡黙でキラーT細胞のうっかりニヤついた所を度々目撃している

  • 赤血球

    白血球と仲が良い。キラーT細胞とも仲良くしようと試みているが天然なところがあり、展開が変な方向にいくことも

  • 樹状細胞

    体内に侵入した細菌やウィルスなどを見つけると、その断片を抗原として提示し各免疫細胞に伝達する

  • ヘルパーT細胞

    外敵侵入の知らせを受け、戦略を決める司令官。キラーT細胞に出動命令を出す

  • 記憶細胞

    免疫記憶を保持しているリンパ球。膨大な抗原の記憶を持っているが、病原微生物に対する記憶は短時間しか保持されない

  • B細胞

    記憶細胞の抗原データを使い、細菌やウィルスに対抗できる武器となる抗体を作る。抗体より彼女を作りたいチャラ男

  • 制御性T細胞

    ヘルバー細胞の部下。T細胞の暴走を抑え、免疫異常を起こさないように調整している。仕事中PCでソリティアや大富豪をやってしまう

  • NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

    全身をパトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃する。キラーT細胞と違い、誰の指示もなく敵をぶん殴れるのが特徴

  • マスト細胞

    B細胞が出すIgE抗体の刺激で活性化して、ヒスタミンなどを放出する。オタクで日々オタ活に励んでいる

  • M細胞

    小腸の中にある粘膜免疫システム・パイエル板で働いている。侵入してきた細菌を閉じ込め樹状細胞に引き渡す。落ち込みやすい性格

  • 好酸球

    白血球の一種で好中球同様、骨髄でトレーニングを積んだ免疫細胞。全白血球数の3%程度しかいない抗原処理のエキスパートだが、あがり症

  • 血小板

    血管が損傷したときに集合し、傷口を塞ぐ。いろいろ気がつくので、手土産選びが得意

作品情報

製品名はたらく細胞フレンド(4)
著者名
  • 原作黒野 カンナ
  • 和泉 みお
  • 清水 茜
発売日2020年07月13日
初出『別冊フレンド』2020年2~6月号。2020年5月号掲載「エスケープ」を「スランプ」に改題。