GIANT KILLING(55)

GIANT KILLING(55)
著者
  • ツジトモ
  • その他綱本 将也
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

アジアカップ準決勝、日本とオーストラリアの一戦は、好調を維持する椿と窪田の五輪代表コンビ、エース花森らの活躍で、開始早々、日本が2点をリードする展開に――。しかし、オーストラリアは早々のシステム変更から徐々に主導権を奪い返すと、前半終了間際、同点に追いついた。再びリードを奪いたい日本だが、相手エースのトーマス・サリバンに3点目を許してしまう。ブランは切り札として夏木陽太郎をピッチに送りだすが・・・。日本はアジアの壁を打ち破り、決勝へと駒を進めることが出来るか――。

著者紹介

  • ツジトモ
  • その他綱本 将也

登場人物紹介

  • 達海 猛

    ETUの新監督を務める、元日本代表選手。格下のチームが格上のチームを打ち負かす、番狂わせが大好物

  • 椿 大介

    トップチームに定着した若手MF。ETUに入るまではまったくの無名選手だった

  • 村越 茂幸

    キャプテンであり「Mr.ETU」と呼ばれる男。チームのかじ取り役で、精神的にも支柱となる

  • ルイジ 吉田

    天才肌のプレイヤーだが、気ままで自分のプレイスタイルにこだわるため、なかなか実績を残せていない

  • 黒田 一樹

    守備の中心を司るCBの一枚。CBの相棒、杉江にはサイズで劣るが、ひるまず気持ちでカバーしている

  • 夏木 陽太郎

    FW。怪我の完治後チームに合流。テンションの高い性格と大一番での得点力を持つ

作品情報

製品名GIANT KILLING(55)
著者名
  • ツジトモ
  • その他綱本 将也
発売日2020年06月23日
初出『モーニング』2020年8号~10号、12号、13号、15号~19号