ねこ色保健室(4)

ねこ色保健室(4)
著者
  • 松本 ひで吉
掲載誌
  • なかよし

内容紹介

保健室のニャンバラ先生は猫・4歳。猫らしく極端に自由な性格なのに先生をしているから、学園はトラブルだらけで、茶園すずの負担が増すばかり。思い余ったすずが発した「ニャンバラ先生がもっとマトモな先生だったらよかったのに!」というコトバのせいで、先生が世界から忽然と姿を消してしまう。すずは柴犬・コタローの力を借りて先生をとりもどせるのか!? 最終巻の保健室もワクワクが止まらない!

著者紹介

  • 松本 ひで吉『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』シリーズが、ツイッターにて話題沸騰連載中! 『ほんとにあった! 霊媒先生』で第35回講談社漫画賞を受賞。サバイバルゲームを題材にした『さばげぶっ!』はテレビアニメ化。

作品情報

製品名ねこ色保健室(4)
著者名
  • 松本 ひで吉
発売日2019年12月13日
初出『なかよし』2019年2月号~9月号