波よ聞いてくれ(7)

波よ聞いてくれ(7)
著者
  • 沙村 広明
掲載誌
  • アフタヌーン
映像化
ジャンル

内容紹介

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る最新刊! ラジオDJとしてレギュラー番組を抱える鼓田ミナレを「バレンタインラジオ」なるイベントのMCに抜擢するプランが浮上した。一方、スープカレー屋の同僚であるマキエは密かに構成作家としてのステップを歩んでいた。そんな折、番組のSNSに「引きこもりの息子を救済してほしい」とのメッセージが届く。AD瑞穂の強い後押しを受けたミナレは、その家庭を訪ねた。

著者紹介

  • 沙村 広明漫画家。1970年生。千葉県出身。
    1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。
    同作が年末より連載化し、2008年にはアニメ化もされるなど、長期間にわたり人気を博したが、2012年末に堂々の完結を果たした。
    2011年より「少年シリウス別冊ネメシス」(季刊誌)にて『ベアゲルター』を連載開始。
    他の作品に『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上、講談社)、『ブラッドハーレーの馬車』(太田出版)などがある。

登場人物紹介

  • 鼓田 ミナレ

    本職はスープカレー屋「ボイジャー」の店員、だが解雇されかけの身。ラジオのレギュラー番組を抱えつつ、行き当たりばったりの日々を過ごす

  • 麻藤 兼嗣

    FM局「藻岩山ラジオ」(MRS)のディレクター。ミナレの弁舌を評価し、ラジオ業界へ勧誘した張本人

  • 南波 瑞穂

    FM局「藻岩山ラジオ」(MRS)のAD。自宅アパートから追い出されたミナレを居候させている。すこぶる気立てがいい

  • 城華 マキエ

    兄が起こした交通事故の責任を負って「ボイジャー」で働く麗人

  • 久連木 克三

    FM局「藻岩山ラジオ」(MRS)の構成作家。本業は官能小説家。業界の大ベテランで、麻藤との付き合いも長い

  • 茅代 まどか

    FM局「藻岩山ラジオ」(MRS)の話し手。そのスキルは高く、構成作家の久連木と親しい。挑発的な弁舌の持ち主

作品情報

製品名波よ聞いてくれ(7)
著者名
  • 沙村 広明
発売日2019年12月23日
初出『アフタヌーン』2019年5月号~12月号