ランウェイで笑って(14)

ランウェイで笑って(14)
著者
  • 猪ノ谷 言葉
掲載誌
  • 週刊 少年マガジン
映像化
ジャンル

内容紹介

身長は、158cmから伸びなかった・・・。
藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。
モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。
そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?


麻衣から“novice”を売る新戦略を任された美依。だが、美依は失言で大物スタイリスト・照実を激怒させてしまい、PRの肝・TGC出展自体が危ういことに! 育人もまた、バッグ制作が難航し、実物完成が間に合わない…!? 照実へのプレゼンチャンスは一瞬。なんと、それはTGCスペシャルコレクションのモデルオーディション! 育人初・コレクションアイテムの成功は、一人の少女に託された──!!

著者紹介

  • 猪ノ谷 言葉

登場人物紹介

  • 都村 育人

    ファッションデザイナー志望。母子家庭の長男で妹が3人いる。卒業後アプロに入った柳田に引き入れられる

  • 藤戸 千雪

    ミルネージュの社長の娘で、育人の高校のクラスメイト。ショーモデルとして小柄すぎるがパリコレにでるのが夢

  • 柳田 一

    ブランド「HAZIME YANAGIDA」を主宰するファッションデザイナー。千雪の父からの紹介で、育人をアルバイトとして雇う

  • 佐久間 美依

    アプロの第4ラインのチーフで柳田をアプロに引き入れる。靴づくりを志し挫折した経験がある

  • 綾野 遠

    服飾芸華大学在学時に学史上屈指の実力でコマンドール章を受章したトップデザイナー。アプロを退社し独立を決めた

  • 綾野 麻衣

    アプロの代表取締役であり、遠の祖母。孫にアプロを継がせたかった想いがあり、遠が独立してアプロを辞めた後も気にかけている

  • 長谷川 心

    アプロのインターン生で、服飾芸華大学の学生。デザイナーを志しモデルを辞め、千雪と組み大学のショーでグランプリを獲得、パリへ留学する

  • 加地 照実

    TGCのキャスティング権を持つアジアトップスタイリスト。オーディションで千雪を気に入り、ショーのファーストルックに決める

  • セイラ

    日本のトップモデル。TGCスペシャルコレクションのファーストルック候補だったが、オーディションで千雪と競いその座を奪われる

  • 花丘

    アプロのパタンナー。育人をライバル視しているが、育人・美依とともにTGCスペシャルコレクションの成功を目指しバッグ製作に協力する

  • 藤戸 研二

    千雪の父。モデル事務所「ミルネージュ」の社長。育人を柳田に紹介し部屋を貸すなど後ろ盾となっていたが、その真意は…

作品情報

製品名ランウェイで笑って(14)
著者名
  • 猪ノ谷 言葉
発売日2020年01月17日
初出『週刊少年マガジン』2019年第47号~2020年第2・3合併号