ハーン ‐草と鉄と羊‐(10)

ハーン ‐草と鉄と羊‐(10)
著者
  • 瀬下 猛
掲載誌
  • モーニング

内容紹介

蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い、敗れてしまった。力をつけるために鉄を手に入れることを目指すテムジン。さらにコンギラトで商人・イルハンと出会う。互いの野望のため、二人は手を組むことに…!! そして金に取り入れることを決意したテムジンはタタルと戦うことになったが、窮地に陥ることに!! そんなテムジンの前に現れたのはボォルチュ。彼が連れてきた大量の馬と策で、形勢逆転し勝利した。より力をつけたテムジン。そんな彼はイルハンの誘いで、ボルテとともにオアシス都市・オトラルに向かったが…。

著者紹介

  • 瀬下 猛

登場人物紹介

  • 源 義経(テムジン)

    兄・頼朝から追われ逃げる中、ユーラシア大陸に辿り着き、大陸制覇の野望を抱く。テムジン(鉄の男)という名前を通り名とする。キャト氏の家長

  • ボォルチュ

    オン・ハーンに敗れ、傷ついた義経を助けた男。義経の野望に惹かれている。タタル戦でも窮地の義経を助け、信頼のおける右腕的存在に成長

  • ジェルメ

    テムジンの親衛隊”ケシクテイ”の一員。隷属民だった鍛冶屋の息子で、身軽な戦いを得意とする

  • ボルテ

    コンギラト族の女性。メルキト族の長・トクトアに誘拐されたが義経に救出され、その妻になる

  • オン・ハーン

    最強の遊牧民族ケレイトの長。義経にテムジンの名前を与える。絶大な権力を誇るも、弟エルの反乱で失脚。イルハンと出会い野心を取り戻した

  • 完顔襄

    金の右丞相。遊牧民族を軽視している

  • 金売 吉次

    義経が日本にいた際に、平泉への逃走を手助けした商人。大陸に渡り、完顔襄のもとで働いている。義経に恨みがあるようで…

  • ジャムカ

    義経の元盟友。大陸を成り上がるという野心の持ち主だが、弟タイチャルの死をきっかけに義経と対立し戦闘状態に。結果、勝利した

  • カサル

    凄まじい腕力の持ち主。義経を乱世にふさわしい指導者と認め、キャト氏の家長を譲った

  • ベルクテイ

    カサルの異母兄弟。好きなものは、戦と女

  • ホエルン

    カサルの母であり、モンゴルの英雄イェスゲイ・バートルの妻

  • タルグタイ

    タイチウト族の長。ジャムカについて、キャト氏を滅ぼそうとした

  • ジルグアダイ

    タイチウト族。隷属民から成りあがった男で、義経に見込まれている弓の天才。タルグタイのもとを離れ、自らのいるべき場所を求め、高原をさすらう

  • トクトア・ベキ

    メルキトの族長。かつてボルテを誘拐したが、救出に来た義経に敗れる。のちに、ジャムカと共にジャムカ・メルキト連合軍を結成

作品情報

製品名ハーン ‐草と鉄と羊‐(10)
著者名
  • 瀬下 猛
発売日2019年11月21日
初出『モーニング』2019年第39号~第45号、第47号、第48号