修羅の刻(19)

修羅の刻(19)
著者
  • 川原 正敏
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

ジャンル

内容紹介

物語の舞台は、東国から西国・九州へ。”東国無双”本多忠勝と双璧をなす武将がその地にいた‥‥。名を立花宗茂。武勇に長けた姫・ぎん千代を嫁にもらったこの男は、後に”西国無双”と呼ばれる。この兵と相対すは――――”不破”の名を得た修羅‥‥名を虎彦と云う。これは、時代の闇に生きる”不破圓明流”はじまりの物語。

著者紹介

  • 川原 正敏8月17日生まれ。広島県三原市出身。代表作に『修羅の門』『修羅の門 第弐門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

登場人物紹介

  • 陸奥 狛彦

    陸奥圓明流の使い手で、双子の弟の虎彦との決闘で勝利し、陸奥の名を継ぐ。忠勝に闘いを挑むが、1度では決着がつかず、時を経て再戦し勝利した

  • 本多 忠勝

    徳川軍の家臣。名槍「蜻蛉斬」の使い手。小牧・長久手の戦いの最中、突如現れた狛彦と対峙。隠居後、再び狛彦が現れ再戦し、敗北

  • 不破 虎彦

    狛彦の双子の兄。狛彦との決闘に敗れた後、不破の名を与えられ分家。九州一の男と戦いたいという野望があり、統虎に勝負を挑む

  • 立花 宗茂

    豊臣軍に与する武将。秀吉から鎮西一、九州の逸物と評される。虎彦に勝負を挑まれ、名刀「雷切」と誾千代を賭けて戦ったが、敗北

  • 誾千代

    立花道雪の娘であり、宗茂の正室。自身を賭けて、虎彦と宗茂の決闘をけしかけ、勝利した虎彦との間に子を成す

作品情報

製品名修羅の刻(19)
著者名
  • 川原 正敏
発売日2019年11月15日
初出『月刊少年マガジン』2019年8月号~10月号