四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(1)

四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(1)
著者
  • りいちゅ
  • 大槻 涼樹
  • 協力モンスターラウンジ
掲載誌
  • モーニング・ツー

内容紹介

“生”同一性障害、通称『ボーダー』。“性”ではなく“生”ーーいのち。それは10年前に突如現れ、世界の約7.6%の人間を“死者”へと変えた新たな疾病。彼らは主観では生きていて、けれど客観的には“死体”でーー。生と死の境が揺らいだ社会で巻き起こる未知の事件に立ち向かう、女子高生探偵×ボーダー少女の生死バディ探偵譚!!

著者紹介

  • りいちゅイラストレーター・漫画家。 多数のライトノベル作品で挿絵を手掛け、レッドブルジャパンやヤマト運輸とのコラボも。海外でのライブドローイング等も精力的に行っており、グローバルに活躍している。 本作で初の商業漫画連載。
  • 大槻 涼樹ゲームシナリオライター・小説家。PCゲーム『黒の断章』『終末の過ごし方』『蠅声の王』ほか。著作に小説版『沙耶の唄』など。
  • 協力モンスターラウンジ

作品情報

製品名四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(1)
著者名
  • りいちゅ
  • 大槻 涼樹
  • 協力モンスターラウンジ
発売日2019年11月21日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2019年8月号~12月号