アイターン(3)

アイターン(3)
著者
  • 原作福澤 徹三 (文春文庫刊)
  • 大槻 閑人
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

原作小説・ドラマも大ヒットの”サラリーマンピカレスク”コミック! 中堅広告会社の冴えないアラフォー社員・狛江が歩み始めたサラリーマンとヤクザの二重生活!! 大切な部下や家族を守るため、表ビジネスに裏ビジネスに奮闘せよ!!

著者紹介

  • 原作福澤 徹三 (文春文庫刊)福岡県北九州市生まれ。作家。営業、飲食、アパレル、コピーライター、デザイナー、専門学校講師など、20種類以上の職業に就いた後、小説家としてデビュー。代表作は原作小説『侠飯』シリーズ(文春文庫)、『すじぼり』(角川文庫)。
  • 大槻 閑人第73回ちばてつや賞一般部門準大賞受賞。本作にて連載デビュー。

登場人物紹介

  • 狛江 光雄

    広告会社勤務。名ばかりの昇進で閉鎖寸前のQ支店へと左遷される。冴えない男でなし崩し的に岩切の舎弟にされる

  • 岩切

    狛江が仕事で起こしたミスがきっかけで、Q支店へと殴り込みにきた極道。無理やり狛江を舎弟にする

  • 竜崎

    竜崎組の組長でサラ金「ドラゴンファイナンス」の社長。 岩切とは犬猿の仲。狛江を脅し、スパイにして岩切を陥れようと企む

  • 西尾

    岩切組の若頭補佐。大学を出ていてインテリな発言が多い。岩切の舎弟となった狛江を叔父貴と呼び、ヤクザ社会を指南してくれる

  • 城島

    組織犯罪対策課の刑事。竜崎と結託し、狛江を脅して岩切組の情報を提供させる

作品情報

製品名アイターン(3)
著者名
  • 原作福澤 徹三 (文春文庫刊)
  • 大槻 閑人
発売日2019年11月22日
初出『モーニング』2019年33号~42号