ブルーピリオド(6)

ブルーピリオド(6)
著者
  • 山口 つばさ
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

2次試験当日、目に激痛が走り動けなくなってしまった八虎。痛みに耐えながら試験課題に臨むも、集中して作業ができない…。そこで予備校講師・大葉が提案したのは「飛び道具」!?――そして試験2日目にしてテーマを決めた八虎は他と差を付けるため豪快な秘策に打って出る! 藝大受験編クライマックス第6巻!

著者紹介

  • 山口 つばさ東京都出身。
    四季賞2014年夏のコンテスト佳作受賞。電球大好き。

登場人物紹介

  • 矢口 八虎

    先輩の絵をみて絵を描く楽しさにハマった高校3年生。美術を志す以上最難関の東京藝大を志望校に定める

  • 鮎川 龍二

    通称ユカ。女装男子で、八虎と同じクラスの美術部員。八虎を美術部へ誘った

  • 高橋 世田介

    八虎と同じ予備校に通う高校3年生。その才能と技術と孤高の性格は八虎を発奮させる

  • 佐伯先生

    美術部の顧問。技術と見識と人間力で、やる気のある生徒には確かな指導を、そうでない生徒にはそれなりに楽しく接している

  • 大葉先生

    八虎が通う美術予備校の講師。体と声が大きい

  • 橋田 悠

    世田介の同級生。八虎と同じ予備校に通う

  • 桑名 マキ

    高校3年生。八虎と同じ予備校。両親が東京藝大卒、姉が東京藝大在学

作品情報

製品名ブルーピリオド(6)
著者名
  • 山口 つばさ
発売日2019年11月22日
初出『アフタヌーン』2019年6月号~9月号