会長 島耕作(12)

会長 島耕作(12)
著者
  • 弘兼 憲史
掲載誌
  • モーニング
ジャンル

内容紹介

日本を代表する電機メーカー・テコットの会長となった島耕作は、電機業界のみならず、素粒子物理学の世界にも目を向ける。この分野で数多くのノーベル賞受賞者を輩出してきた日本には、最先端の巨大加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の建設を誘致する動きがあった。島が聞くところによると、その実験装置によって、宇宙担当の謎、新しい粒子の存在、なぜ生命体や物質が存在するのかがわかるという。誘致先は岩手県。誘致が決定すれば、その地に国際的な研究者とその家族、関係する業者が集う一つの街ができる。問題は予算、コンセンサス、他分野の学者たちの理解を得られるか。うまくいかなければ、中国に建設地が流れるかもしれない――日本の未来のため、島が動き出す。シリーズ36周年を迎え、今も愛される国民的サラリーマン・サーガの最新刊は「理系」です!

著者紹介

  • 弘兼 憲史1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『学生 島耕作』(イブニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)、コラム『人生相談 快答乱麻』(週刊朝日)を連載中。

登場人物紹介

  • 島 耕作

    総合電機メーカー「テコット」の会長。前会長である万亀のあとを引き継ぎ、「経済連」へ入会する

  • 万亀 萌

    島の秘書を務める。総合電機メーカー「テコット」の相談役・万亀の妻。食欲旺盛で大酒飲み

  • 三代 稔彦

    島の財界活動を補佐する専任秘書に採用された。米国上院議員政策秘書も務めたエリートで、ゲイを公言している

作品情報

製品名会長 島耕作(12)
著者名
  • 弘兼 憲史
発売日2019年09月20日
初出『モーニング』2019年6号、8号、10号、12号、14号、16号、18号、21・22号、23号