修羅の刻(18)

修羅の刻(18)
著者
  • 川原 正敏
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

内容紹介

群雄割拠の戦乱の世に、“東国一”と呼ばれる一人の将がいた。
名を「本多忠勝」。名槍・蜻蛉切を操り、生涯無傷と伝うこの兵に
身一つで闘いを挑まんとする者が、戦場に姿を現す!
その修羅の名は、“陸奥”狛彦と云う‥‥‥。

これは「織田信長編」に続く、双子の修羅の物語!!

著者紹介

  • 川原 正敏8月17日生まれ。広島県三原市出身。代表作に『修羅の門』『修羅の門 第弐門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

作品情報

製品名修羅の刻(18)
著者名
  • 川原 正敏
発売日2019年08月16日
初出月刊少年マガジン』2019年6月号~7月号