世界で一番、俺が〇〇(7)

世界で一番、俺が〇〇(7)
著者
  • 水城 せとな
掲載誌
  • イブニング

ジャンル

内容紹介

「あとは俺がやる」とアッシュとたろに宣言し、「このゲームは失敗しない」とナナミに約束した柊吾。しかし、いざ自信と向き合うと、完全無欠のポジティブさが不幸とはほど遠いことに気づく。悶々と思考を巡らすうちに、これまで目を背けてきた過去の悲惨な事故と向き合う決心をする。そして記憶をたどり、行き着いた先にひとりの少女がいた。
ひとつの過去が詳らかになったとき、語り始められるさらなる衝撃の過去とは!?

著者紹介

  • 水城 せとな

登場人物紹介

  • 高瀬 柊吾

    幼なじみ3人組の中で一番の頭脳明晰。過去に家族を亡くしたことから人間不信に

  • 山森 啓太(アッシュ)

    3人組の中で一番のイケメン。弁が立つのだが、仕事が長続きせず、現在無職

  • 小山 小太郎(たろ)

    3人組の中で一番地味だが癒し系。自分のウツワがないことに悩んでいる

  • 773号

    773号と名乗る美少女。怪しげな組織のエージェント。人に触れると絶望指数が分かる

作品情報

製品名世界で一番、俺が〇〇(7)
著者名
  • 水城 せとな
発売日2019年08月23日
初出『イブニング』2019年6、8、11、14号