幕末イグニッション(1)

幕末イグニッション(1)
著者
  • 原作大間 九郎
  • 忠見 周
掲載誌
  • コミックDAYS

内容紹介

坂本竜馬暗殺犯と噂される男・佐々木只三郎。小太刀日本一と称されるこの佐々木、暗殺の日より十三年前の江戸で、稀代の天才学者・佐久間象山から、あるフランス人少女の護衛を依頼される。その対価、三百六十万両。少女を狙うは水戸一派、勝麟太郎、そして坂本竜馬。この事案をきっかけに時代は「幕末」へと変容していく――。

著者紹介

  • 原作大間 九郎
  • 忠見 周

作品情報

製品名幕末イグニッション(1)
著者名
  • 原作大間 九郎
  • 忠見 周
発売日2019年08月23日
初出『イブニング』2019年4号、5号、7号、8号、10号、11号、13号