センゴク権兵衛(16)

センゴク権兵衛(16)
著者
  • 宮下 英樹
掲載誌
  • ヤングマガジン

内容紹介

豊臣秀吉と北条家の決戦に、仙石権兵衛は家臣の忠勇三十騎を引き連れ参戦することを決意した。すべてはここから――欲も後悔も今は忘れて、「無」からの再起へと歩みだす!!

著者紹介

  • 宮下 英樹

登場人物紹介

  • 仙石権兵衛秀久

    秀吉の先手衆であり、淡路国を治める大名。秀吉から、長宗我部ら四国勢を束ねての島津討伐を命ぜられるが、「戸次川の戦い」で大敗する

  • 豊臣関白太政大臣秀吉

    権兵衛の上司にあたる。内大臣に昇官後、毛利・上杉家をも同盟国として、西国平定に乗り出す。朝廷から推挙され、関白太政大臣まで上り詰める

  • 長宗我部宮内少輔元親

    土佐を拠点とする戦国大名。羽柴家からの臣従要求を拒否したことから、四国征伐を招き降伏。その後、権兵衛とともに「戸次川の戦い」を開戦する

  • 長宗我部弥三郎信親

    元親の息子。四国征伐で降伏後、旧敵の権兵衛とともに「戸次川の戦い」に参戦する

  • 島津中務大輔家久

    島津四兄弟の末弟。「戸次川の戦い」で、仙石隊・長曾我部軍と戦い、神懸かり的能力で権兵衛たちを混乱させ、勝利した

  • 長丸

    徳川家康の三男で、豊臣家の養子となる。のちの徳川秀忠

作品情報

製品名センゴク権兵衛(16)
著者名
  • 宮下 英樹
発売日2019年08月06日
初出『ヤングマガジン』2019年第9号、第10号、第12号、第13号、第15号、第16号、第18号~第20号