首都高SPL(4)

首都高SPL(4)
著者
  • 楠 みちはる
掲載誌
  • 増刊ヤングマガジン 月刊ヤングマガジン
ジャンル

内容紹介

工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。ある時一台のポルシェターボが現れる。その車に乗った工藤は絶句し、自身の閉塞感から解き放たれるのを感じる。時を同じくして、若き工藤が手掛けた、プロトタイプのチューニングGT‐R、Kゼロに乗った工藤は、自身の中の走りに対する熱い思いが一層込み上げてくるのを抑えることができなかった。工藤はそのKゼロを手に入れ、ポルシェとのバトルを熱望するようになる。

著者紹介

  • 楠 みちはる1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。車漫画では、日本を代表するトップランナー。

登場人物紹介

  • 工藤 圭介

    GT-R専門のカーチューニングショップ”CRS”の代表。元は首都高で有名なGT-R乗り

  • コータ

    CRSによく出入りしている、工藤の知り合い。彼とは長い付き合いで、昔は雑誌のライターをしていた

  • リカ

    工藤の元嫁と暮らす一人娘だが、血のつながりはない。強引に工藤のもとに引っ越ししてくる

  • 元木 明彦

    ポルシェ専門の整備をしている青年。首都高で工藤と競り合い勝ったことで、知り合いになる

  • 川田 美和

    島田グループの飲食部門を経営する会社の代表。元木明彦のかつての恋人

  • 石神 滉一

    元首都高ランナーで自動車評論家。以前は中古車のブローカーだった。工藤と仕事上での関わりも深い

作品情報

製品名首都高SPL(4)
著者名
  • 楠 みちはる
発売日2019年09月06日
初出『月刊ヤングマガジン』2018年第11号、第12号、2019年第1号~第4号、第7号、第8号