バーサス魚紳さん!(3)

バーサス魚紳さん!(3)
著者
  • 原作矢口 高雄
  • 立沢 克美
掲載誌
  • イブニング

内容紹介

1973年から10年間連載した釣りマンガ『釣りキチ三平』(週刊少年マガジン連載)。全国に釣りブームを巻き起こした巨匠・矢口高雄の名作だ。主人公、三平三平の兄貴分であり、師匠でありライバルである鮎川魚紳が、装いも新たに完全復活! 連載開始から45年の時を経て、イブニングに降臨した!


絶好調『釣りキチ三平』スピンオフ『バーサス魚紳さん!』こんどは磯釣り対決だ! 魚紳さんと磯のスペシャリスト平和卓也がガチ対決! 絶海の孤島にて”磯の女王”グレを狙う! そして、磯釣りによって失われてしまった魚紳さんの右目の因縁が‥!

著者紹介

  • 原作矢口 高雄1939年秋田県生まれ。1973年より『週刊少年マガジン』にて『釣りキチ三平』を連載開始。日本中に釣りブームを巻き起こす。1974年『釣りキチ三平』『幻の怪蛇バチヘビ』にて講談社出版文化賞まんが部門賞、1976年『マタギ』により第五回日本漫画家協会大賞を受賞。
  • 立沢 克美1973年東京生まれ。井上雄彦氏のチーフアシスタントを長く務め、2012年『ポンチョ』(ヤングマガジン)、2014年『ダウト』(グランドジャンプ)、2016年『ベンジー』など執筆。

登場人物紹介

  • 鮎川 魚紳

    国際弁護士にして元フェンシングオリンピック代表。元財閥の大企業「AYUKAWA」の御曹司にして、全国を釣り行脚した伝説の釣り師

  • 川嶋 大悟

    釣り雑誌月刊「アングラー」編集部に来て2か月の新人。釣りには興味なく、魚きらい。雑誌企画に協力してもらうべく、魚紳に釣り勝負を挑む

  • 宮本先輩

    川嶋の先輩で釣り雑誌月刊「アングラー」の編集記者。「バーサス魚紳さん!」企画の提案者

  • 伊東 咲子

    魚紳の秘書。多忙な魚紳から釣りを遠ざけていた

  • 江積 秀樹

    鮎小屋「オトリ」のオーナー

  • ANNA(アンナ)

    釣りガールでフォトグラファー。社内カメラマンとして、「バーサス魚紳さん!」企画の取材に同行する

  • 青木 大介

    現役最強のバスプロ。魚紳の対戦相手

  • 平和 卓也

    磯釣り師人気・実力ナンバーワンの男。通称”ピース”。日本一のグレ師と魚紳に言わしめる

作品情報

製品名バーサス魚紳さん!(3)
著者名
  • 原作矢口 高雄
  • 立沢 克美
発売日2019年05月23日
初出『イブニング』2019年1号~7号