ねこ色保健室(3)

ねこ色保健室(3)
著者
  • 松本 ひで吉
掲載誌
  • なかよし
ジャンル

内容紹介

保健室のニャンバラ先生は4歳、関西弁まるだし。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いという、ねこらしくウソがない性格が大変たのもしいのです。だけど本当のことしか言えないから、学園にトラブルが続出で…!

著者紹介

  • 松本 ひで吉2011年、『ほんとにあった! 霊媒先生』で第35回講談社漫画賞を受賞。サバイバルゲームを題材にした『さばげぶっ!』は、2014年7月より9月まで、テレビアニメ化。『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』シリーズは、ツイッターにて話題沸騰中!

登場人物紹介

  • 茶園 すず

    田舎から都会へきた転校生。おしゃれ薄着のせいで突然の腹痛に見舞われ南原先生に助けられる

  • 南原先生

    情熱的すぎる保健室の先生(ねこ・4歳)。来るものは癒し、来ないものは捕まえてでも癒す

  • コタロー

    保健室に新たに加わった仲間でセラピードッグ。主人を失い不安だったが、南原先生に手なづけられる

作品情報

製品名ねこ色保健室(3)
著者名
  • 松本 ひで吉
発売日2019年05月13日
初出『なかよし』2018年6月号~2019年1月号