あの人の胃には僕が足りない(3)

あの人の胃には僕が足りない(3)
著者
  • チョモラン
掲載誌
  • モーニング・ツー
ジャンル

内容紹介

お互いを大切に思う気持ちを確かめあった、蒔江と満腹先輩。恋人同士として仲良く暮らしていくことを決意するふたりの前に、謎の男・武蔵野ら3人組が登場。ワタリに関する問題の対処にあたっているという彼らは、ワタリを引き寄せる蒔江の体質が街を重大な脅威にさらしている、と警告。自身に埋め込まれたワタリの「苗木」をめぐり、蒔江は幼少期の記憶をたどる――。緊迫の新シリーズ「文化祭編」開幕! 人外彼女×年下彼氏が織り成す異種間恋愛ファンタジー!!

著者紹介

  • チョモラン

登場人物紹介

  • 舟次 蒔江

    料理が得意な中学3年生。通常人間には見えない異形”ワタリ”を引き寄せる体質。満腹先輩と暮らしている

  • 満腹 さち

    いつも空腹の高校2年生。その正体は人のフリをしているワタリで、蒔江の「おいしそう」な匂いを嗅ぐのが好き

  • 管理人さん

    蒔江が住む町のワタリを管理している。町に住む許可の代わりに満腹先輩に街を守る仕事を課す

  • お手伝いさん

    管理人さんのメイド。頭上のカチューシャに注目

  • 和泉 依澄

    周囲に偽の記憶を植え付けて人間社会に紛れるワタリ。舟次家のとなりに住む女の子という設定

  • 武蔵野

    首都圏のワタリの問題の対処にあたる。蒔江の体質から今の暮らし方を警告し、保護を提案する

  • 犬神 鬼ヶ島

    武蔵野のバイト。主張が激しいが素直な女の子

作品情報

製品名あの人の胃には僕が足りない(3)
著者名
  • チョモラン
発売日2019年06月21日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2019年2号~7号