ハーン ‐草と鉄と羊‐(7)

ハーン ‐草と鉄と羊‐(7)

内容紹介

蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い追い込まれることに。絶体絶命のテムジン、どうする!?

著者紹介

  • 瀬下 猛

登場人物紹介

  • 源 義経

    兄・頼朝から追われ逃げる中、ユーラシア大陸にたどりつく。モンゴルをたばねようと野望を抱いている

  • ボォルチュ

    義経が怪我をし動けなくなっているところを助け、自分の故郷に連れ帰る。彼の野望にひかれている

  • ジェルメ

    テムジンの親衛隊”ケシクテイ”の一員。隷属民だった鍛冶屋の息子で、身軽な戦いを得意とする

作品情報

製品名ハーン ‐草と鉄と羊‐(7)
著者名
  • 瀬下 猛
発売日2019年05月23日
初出『モーニング』2019年第8号、第10号~第17号