レッド・ベルベット(1)

レッド・ベルベット(1)
著者
  • 多田 由美
掲載誌
  • モーニング・ツー
ジャンル

内容紹介

多田由美史上最長の連載作、待望の単行本化!

亡き母が残したケーキ店のレシピを集めるアール。
窃盗団と関わり、抜け出すことのできないランディ。

ロサンゼルスを舞台に、問題を抱えながら支え合い、
明日に希望を求める二人。

きっとなんとかなるよ。

著者紹介

  • 多田 由美1963年生まれ。大阪府出身。1986年、「月刊ASUKA」(KADOKAWA刊)でデビュー。以後、『トゥルー・ブルーは決して色あせない』『ディア・ダイアリー ―多田由美 短編集―』など短編集を数多く手がけ、イラストレーターとしての活動も行う。現在は神戸芸術工科大学芸術工学部まんが表現学科にて准教授を務めている。

登場人物紹介

  • アール

    亡き母が残したケーキ店のレシピを集め、ケーキ屋をオープンさせようと奮闘する

  • ランディ

    アールの幼なじみ。アールを手伝いたいと思っている。しかし、窃盗団から抜け出すために、彼らをハメると同時に、自分も捕まってしまう

  • ベニー

    ランディの窃盗仲間。ヴィンセントは兄。思い出のアパートを買い取ったが、レオ・イシアノフに騙され、その上、窃盗の件で捕まってしまう

  • ヴィンセント

    ランディの窃盗仲間のリーダー。本業は車の修理工場の店主。ベニーの兄。ベニーが買い取ったアパートの件で、キリアンをゆする

  • ターシャ

    レオ・イシアノフの娘。アールと出会い、彼のケーキ屋に10万ドル出資しようとするが断られてしまう。しかしそのせいでトラブルに発展

  • クイン

    ターシャの用心棒。子どもの頃からターシャの世話をしてきたので、彼女のためなら何でもする

  • レオ・イシアノフ

    不動産屋。不当に土地を貸し付けている

  • キリアン

    レオ・イシアノフの息子。父が不当な仕事をしているのを知っているが、なかなか反抗できず、ヴィンセントに汚れ仕事を頼んでしまう

  • アールの父

    いつでもアールのことを心配する優しい父だが、亡くなった妻のことを思い出さないように目をそむけていた一面も

  • イーディー

    ランディの友だちで、ベニーの妹

  • ケネス

    ランディの父。ランディに厳しく接する

  • ステフ

    ランディの母。体を悪くし、入院。そのまま容態がよくならず死亡。ケネスに家に閉じ込められていたため、ランディは死に目に会えなかった

作品情報

製品名レッド・ベルベット(1)
著者名
  • 多田 由美
発売日2019年04月23日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2018年12月号、2019年1月号~4月号