君が僕らを悪魔と呼んだ頃(7)

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(7)
著者
  • さの 隆
掲載誌
  • マガジンポケット

内容紹介

その少年は、15歳にして悪徳の限りを尽くした。傷つけ、犯し、奪い尽くした……。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ? 謎と暴力の記憶喪失サスペンス!


何よりも強かったはずの兄妹の絆は、張りつめ、綻び、腐り始める。重すぎる責任から逃れるために、蒼志は酒と女の力を借りるしかなかった。その崩壊を傍らで見つめ続けた斎藤悠介の前に、追跡者たちが現れ、過去の罪を打ち鳴らす。事件は錯綜し、混線する。━━真実は…凍り付いたまま、いまだ姿を見せない。

著者紹介

  • さの 隆

作品情報

製品名君が僕らを悪魔と呼んだ頃(7)
著者名
  • さの 隆
発売日2019年04月09日
初出『マガジンポケット』2019年第1号~第11号